無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

594
2020/07/04

第6話

アッッッッッ!!!!!!命((6
町を歩いて、本当にここが大正時代であることを理解したよ☆





火星人でも分かった!!!!!!←





ん…?あれは何て読むんだ?





看板に「甘味処」と書かれていた。
(なまえ)
あなた
あれは何て読むんだろう…「あまみしょ」?
不死川実弥
ブッ.∵・(゚ε゚ )
(なまえ)
あなた
おい笑うな
冨岡義勇
あれは「かんみどころ」と読む
(なまえ)
あなた
そうなんだ!ありがとう!(ニコ
冨岡義勇
あ、ああ…(何だ…何で今胸がドキッとしたんだ…)
不死川実弥
(なんか胸糞わりィ)
(なまえ)
あなた
あータピオカミルクティ飲みたいな~
冨岡義勇
たぴおか…?
不死川実弥
みるくてぃ…?
(なまえ)
あなた
あー大正時代の人だから知らないんだったー
(なまえ)
あなた
タピオカはね、モチモチしてて美味しいんだよ
不死川実弥
餅か何かかァ?
(なまえ)
あなた
うぅん…ちょっとそれとは変わってくるかな!!
(なまえ)
あなた
本音を言うとパッと見完全蛙の卵!!!!!!
冨岡義勇
蛙の卵…(そんな気持ち悪いもの)を飲むのか…?(引いてる)
(なまえ)
あなた
蛙の卵飲む奴いるか?いるわけねぇよ
(なまえ)
あなた
私くらいだよ←
不死川実弥
飲んだのかよォ!?テメェ本当にあたおかだなァ!!
(なまえ)
あなた
フォマエに言われたくねぇわ!大正時代の時代遅れ野郎!
(なまえ)
あなた
こっちはな、時代を先取りした未来人だぜ!!
冨岡義勇
だが未来から人が来ることを信じられない自分がいる
不死川実弥
(なんか冨岡の野郎珍しく饒舌になってねぇかァ?)
(なまえ)
あなた
スマホのアレ見ても?
冨岡義勇
ぐっ…(何も言い返せない)