無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

💗
全てはあの日だった。

あなたと帰る約束をしていた日

その日に限って僕に喋りかけてきた女の子がいた。確か、、ゆなちゃん?だった気がするな、ゆなちゃんはいや、ゆなは意味が分からない事を言い出した。

ゆな
ゆな
ねぇジミン君!
ジミン
ジミン
ん?なーに?あなたと帰る約束してるから早くして!
ゆな
ゆな
ねぇ。あなたちゃんと別れてゆなと付き合ってくれない?
ジミン
ジミン
そんなの無理に決まってるでしょ
ゆな
ゆな
いいーんだ?ゆなだよ?付き合わなかったら、あなたちゃんいじめちゃうよ?私、セフレいーっぱいいるから犯すことだってできるんだよ?殺す事だって
ジミン
ジミン
っ!
ゆな
ゆな
どーする?付き合ってくれたら何も手出さないよ?
ジミン
ジミン
分か、、った
ジミン
ジミン
(ごめんねあなた。守るためなんだ)
ゆな
ゆな
じゃあ明日あなたちゃんをちゃんと振ってきてね💗あと、ゆなの事ゆなちゃんじゃなくてゆなね!www分かってるよね?
ジミン
ジミン
うん明日ちゃんと振るよ
って事だった。あなたを嫌いで振った訳じゃない。分かってくれるよね?