無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
320
2021/09/19

第5話

よん
< 部活体験終了 >











『 まって、思ったよりめっっっちゃ楽しかった!!!!!部活の雰囲気も良いしみんな優しいし!! 』


千「 やろ?!これはあなた、入るべきですはい。 」


『 えええ?笑 』


西「 ちょっとでも興味あったら来て欲しいな笑 」


『 考えときます!! 』


西「 了解しました! 」





そう言って西畑先輩は敬礼のポーズをとって笑顔でこっちを見てた





死んでもいいですかかわいいです泣泣泣泣泣泣泣




だからわたしも敬礼ポーズを返してみた




『 ぴしっ 』




すると ふふって笑ってくれた




千「 おふたり、仲良くなりすぎじゃ、、?! 」


西「 んなことないわ笑 」


千「 そろそろ帰るか!! 」


西「 最近暗くなるの早くなってきてるからな〜、帰り帰り 」


『 よし、帰ろう〜 』


千「 西畑先輩もご一緒に??? 」


西「 え俺も?笑 」


千「 あなたともっっっと仲良くなって欲しいんで!!! 」


西「 千歳と逢坂は家近いん?? 」


千「 3駅離れてるんですよ〜〜 」


西「 なるほどな〜 」


千「 帰りましょ〜 」


『 うんうん 』


西「 帰るか 」





< 電車 >





西畑先輩 私 らむ の順番で立ってるのだが、結構人が多くて近すぎる、、、





電車が揺れる度にぶつかるし、





_____ガタンッ





『 あっ、! 』




前にいる男性にぶつかりそうになった時、





私の肩に手が伸びてきて、





西「 大丈夫?(小声) 」


『 っ、大丈夫です ありがとうございます(小声) 』





うああああああ もう私ったらなんでこんなにどきどきしてんのばか!ぼけ!!くず!!!!!








~ しばらくして ~








< 車内アナウンス >
まもなく〜、〇〇〜、〇〇です。右側の扉が開きます ご注意ください。





千「 じゃっ、わたしはここで! 」


『 あ、らむここかあ 』


千「 うん!あなたまた明日! 西畑先輩お疲れ様でした〜 」


西「 おつかれ〜 」


『 また明日! 』




シュー、ガチャンッ(ドアが開く音←)





< 車内アナウンス >
扉が〜閉まります、ご注意ください。





窓から見えるらむに手を振って電車が発車した





『 先輩はどこの駅で降りますか? 』


西「 俺あなたちゃんの駅の2駅先やで 」


『 っ、! 』





い、いい、いま、、あなたちゃんって、、え??





『 いま、名前で呼びましたか、、? 』


西「 あ、あかんかった? 」


『 いやじゃないです!!!!!(大声) 』


西「 あちょっ、!! 」





西畑先輩の焦った声と同時に手で口を抑えられる





西「 うるさい!!(小声) 」


『 ほめんなはひ、(ごめんなさい) 』


西「 ぷっ、笑 」


『 はなひてくださひよ!(はなしてくださいよ) 』


西「 ごめんごめん笑 」


『 ぷはぁ〜、 』


西「 じゃ、学校以外では名前で呼ぶ 」


『 わかりました 』





なに???この人、恋愛マスターかなんか????