無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

955
2020/12/24

第2話

🧸
(なまえ)
あなた
〜っ?!?!?!?!?!?!///////////////////









死ぬほど近いんですけど?!?!?!?!?!?!










駿佑
駿佑
顔真っ赤笑
(なまえ)
あなた
だって、近いから、っ/////
駿佑
駿佑
男慣れしてないんだ笑
サッカー部のマネしてんのに?笑
(なまえ)
あなた
もうちょい、免疫力つけます、、、
駿佑
駿佑
免疫力、?笑
男の?笑
(なまえ)
あなた
うん
駿佑
駿佑
永瀬って面白いな笑
(なまえ)
あなた
あ、ありがとう(?)
駿佑
駿佑
うん、褒めてねぇーけどな笑←
(なまえ)
あなた
え((










道枝君とこんなに話すの初めてかもしれない。

普通に話しやすくて面白い人だな。






















先生
じゃ、教科書130ページ開け〜
駿佑
駿佑
先生、教科書忘れました。すみません。
先生
んー、永瀬!
(なまえ)
あなた
は、はい!
先生
見せてやれ、
(なまえ)
あなた
あ、はい!








道枝くんは、私の机に机をくっつけてくれて、












駿佑
駿佑
ありがとな、








と言ってくれた。













(なまえ)
あなた
うん、/















、













ふうか
ふうか
、、、