無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

914
2020/12/24

第6話

🧸
家に帰って、夜ご飯を食べて、お兄ちゃんは、出ていった。























(なまえ)
あなた
寂しいな、、、














なんて、思っちゃう私は、、どしたんだろ 笑

いつもと同じように。宿題をして、お風呂に入って、、、
















寝れない。















なんで?











体育館で微笑みかけられた、お兄ちゃんの笑顔が忘れられなくて、

帰り道に繋いだ手の温もりが忘れられなくて、













これじゃあ、まるで、














(なまえ)
あなた
意識してるみたいじゃん、、、っ、











寝れないから、電気をつけて、嫌いな数学をすることにした。

そしたら、眠くなるかなって。





















____がちゃ、











お兄ちゃんが帰ってきた。

なぜかすごく顔みたいし、下にまで駆けつけたいし、

ハグしたいな、って、思った。



















(なまえ)
あなた
いやいや、何考えてんの、私、、、












私、本当に今日おかしい、、











____コンコン、














廉
廉
あなた、起きてr...って、どした、?
(なまえ)
あなた
、、、っ//////////////////////////////













なんで、いま来ちゃったの、、?






























____ぎゅ、





























廉
廉
、、、っ、は、?
(なまえ)
あなた
、、、/////////////////
(なまえ)
あなた
寂しかった、、、/////////////////
























何言ってるんだろう、私は。