無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

795
2020/12/29

第16話

🧸




























私は、れな先輩に連れられて、駅の前のカフェに入った。

オシャレで雰囲気が良くて、れな先輩の趣味の良さを

感じ取られた。



















れな先輩はレモンティー、私はミルクティーを頼んだ。

ドリンクが来て、

れな先輩は話し始めた。


























れな
れな
私ね、高校1年生の頃、廉と付き合ってたの。
(なまえ)
あなた
お兄ちゃん、と、
















なんとなく、そんな気がした、、、

美男美女でさぞかし、お似合いだったんだろうなあっ、




























れな
れな
で、私の家に招いたの。皆でご飯でもどうかなって。
れな
れな
、、、それで、皆でご飯を食べる事になったの。
れな
れな
そこで、私は、廉が私の彼氏だって紹介したの。
れな
れな
だけど、私の両親は、それを聞いて、すぐに別れなさいって言われて、ほぼ強制的に別れさせられちゃったんだ、、、
(なまえ)
あなた
、、、っ、辛くないんですか、?
れな
れな
そりゃあ、辛いわよ、笑
でも、両親にもきちんとした理由があったの。
(なまえ)
あなた
理由、、、
れな
れな
それは、、、

















、























れな
れな
、、、私と廉が兄妹だから、なの。