無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

794
2020/12/27

第11話

🧸
それから、メイクもファッションも

いっぱいいっぱい頑張った。

そして、思いも伝えられず、

私は、





















高校生になった。





















先輩は、バスケ部のエースでイケメンでモテモテで。

他の先輩たちに取られたくなくて。





















まい
まい
一ヶ月前に告白したんだ、
(なまえ)
あなた
え、


















告白した。

結果は、、




























まさかのOKだった。




























先輩は、何度かデートしよって誘ってくれたけど、

放課後にデートとか憧れるけど、

先輩には、釣り合わない私が放課後デートして

女の先輩に目をつけられる事は分かってたから、

その事を説明して断った。

そしたら、


























廉
廉
じゃあ、、、夜に散歩とかは?

















それから、先輩と夜は散歩デートを毎日するようになった。

8時から10時の2時間。

1日で1番幸せな2時間。

だけど、、

先輩の目に私は、映ってないって事ぐらい知ってるんだ____、
























まい
まい
で、告白は、OKだった。
(なまえ)
あなた
、、、そうなんだ!、よかったじゃんっ、!













あなたは、そう微笑んでお祝いしてくれたけど、

その切ない笑顔が頭にこびりついた。