無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

99
2021/10/14

第39話

38
ーあなたsideー
あれから数ヶ月。

ほんとに仕事以外の事は話さない。

仕事の時も話さないけど。

ゆきちゃんに伝えてもらうから。

なのに、すごく苦しい。

近くにいるのに、手が届く距離にいるのに、

私は無視してしまう。
あなた
あなた
はぁ…、今日も疲れ、って…
今現在、帰宅途中。

私の目の前の光景をお伝えします。





















…聡とゆきちゃんが

仲良く指輪を選んでる。

このお店って、結婚指輪とかのじゃ…

え、なんで、

ゆきちゃんと付き合ってたの??

ゆきちゃんと結婚するの?

もう、嫌いになったの?
あなた
あなた
…あはは、そっかぁ…
家に帰って死ぬほど泣いた。

悲しい、辛い。

2人とも笑顔で笑って指輪選んでるの、

見なきゃ良かった。

聡、聡。

まだあなたのこと好きなのに。

好きなのに、もう私はダメなの?

私じゃ、ダメ…?
ゆき
ゆき
おは…って、どした?
あなた
あなた
ううん、なんでもない。
泣いても笑っても今日は来る。

会わなきゃいけない。

仕事だから。

ゆきちゃんはどこかに電話を掛けた

ガチャ🚪

松島聡
松島聡
ゆき、氷持ってきたよ
ゆき
ゆき
ありがと、松島
あなた
あなた
ひゃあっ
松島聡
松島聡
あ、冷たかった、ですか?
あなた
あなた
少し、びっくりしただけ、です…
顔が近い。

氷当てられたのもびっくりしたけど、

顔が近くてびっくりした。

このまま、キス…

なんて、彼女じゃないのに





















何とか仕事をこなして帰ろうとすると、

グイッ
あなた
あなた
え?
松島聡
松島聡
あのさ、今日この後用事ある…?
あなた
あなた
ない、けど…
松島聡
松島聡
話したいことがあるから、家に行ってもいい?
あなた
あなた
…うんっ
松島聡
松島聡
じゃあ、仕事が終わったら連絡するね
聡が、家に来る。

嬉しい、楽しみ。

ほんの少し見せたほっとした表情。

それは、あなたの本心ですか?




















聡 LINE
聡 LINE
終わったので、今から行きます。
そのメッセージが来たあとすぐ、

チャイムがなった。

家の中に通して、ソファに座ってもらう。

飲み物を用意して、少し離れて座る。

沈黙の間、時計の秒針の音が響く。

松島聡
松島聡
…あなたに、話したいことがある
あなた
あなた
うん…
ゆきちゃんと付き合ってる話でしょ?

分かってる。

だから、顔が見れず頭を下に下げてた。















松島聡
松島聡
俺と結婚しませんか?
あなた
あなた
…ぇ
顔を上げるとそこには、

震えた聡の手のひらに指輪ケースが。

視界が一気に揺れる。

なんで、なんで?
松島聡
松島聡
別れてからずっと、考えてたの。あなたとこの先一生一緒にいたい
松島聡
松島聡
あ、好きじゃなかったら受け取らなくてもいいよ?それは、あなたの気持ちを尊重して?









受け取らないなんて選択肢、ある?

ないよね?

だから、震える手で聡の手のひらに乗ってる

指輪ケースを受け取った。
あなた
あなた
私も、聡と一緒にいたいっ…
松島聡
松島聡
あなた…
あなた
あなた
だから、だからっ…
あなた
あなた
結婚したいですっ
その言葉と同時に抱きしめられた

いつもより強く、強く。
松島聡
松島聡
ごめんね、あの時酷いこと言って…
あなた
あなた
ううん、いいよっ…
体を離されると、

指輪ケースが開かれ

中にお揃いの婚約指輪。

シンプルなデザインだけど、

お互いの名前が削られていて、

世界にひとつの指輪なんだって、

嬉しくなった。
松島聡
松島聡
手、出して?
そう言われ、手を差し出す。

薬指に指輪を。

聡の手を引いて、

同じように指輪を。
松島聡
松島聡
愛してるよ、あなた
あなた
あなた
私も、聡の事愛してるよ…/////
そう言うと唇を重ねて、

温かいキスをしてくれた。

何度も何度もキスをしてくれた。

…いつの間にか、ひとつになってた

お互い涙が溢れて止まらなくて

寂しさが爆発して、重なり合った。

この日、人生で1番幸せな日だった。