無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

呪言
乙骨憂太side



授業が終わった後、五条先生が僕に話しかけてきた
五条悟
あっ憂太ー!
ちょっと話があるんだけど!!
乙骨憂太
ん?はい、なんですか?
五条悟
…どう?みんなと仲良くできてる?また孤立してないよね?
乙骨憂太
えっと、はい!もちろんです!!
今はみんな優しくて、本っ当にみなさんに感謝しています
五条悟
ふふ笑
乙骨憂太
??どうしたんですか?
五条悟
あ、いや、実はね…
あなたも初めは憂太みたいで…
乙骨憂太
僕みたい…?あなたちゃんが.......?
五条悟
うん、今は慣れてきてるみたいだけど初めは憂太みたいにずっとおびえてた.......
乙骨憂太
.....................
五条悟
乙骨憂太
あの、良ければ僕にあなたちゃんの過去を教えてくれませんか?
五条悟
……ん........いいよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
やだ……いたい………やめてよ!
女子生徒
はぁ?なんでやめなきゃいけないのよ
こんなにも楽しい事を♡
あなた
っ……こんな事して楽しいの?
女子生徒
はぁ?楽しいに決まってんでしょ?
まぁ、あんたには一生そんなことないだろうけどね!
ドンドン!

ボコボコボコボコ
あなた
いたい.......いやだ…もう無理..............
女子生徒
何勝手に口開いてんのよ!
ボコッ
あなた
ガハッ
女子生徒
ふふ‪wいい気味‪w‪w
あなた
............................
女子生徒
あら?もしかして死んじゃった〜?弱ぁーい
..............あんたさえいなければ…なんで私が?何?私が何かいけないことでもした?

勝手に解釈して私をいじめて、何が楽しいの?

こんなんバカがする事じゃん
後、勝手に殺さないでよ……
自分がモテないからって、何?嫉妬?気持ち悪い……

それなら自分でモテるように努力すればいいだけじゃん
殴って、蹴って、悪口言って、嘲笑って……あなた達はいったい何がしたいの………

はぁ..............
あなた
勝手に………
女子生徒
は‪w?何言ってんの?聞こえなぁーい♡
あなた
勝手に…殺さないでよ.......
女子生徒
は?
あなた
勝手に自分で解釈して、それで自分が腹立ったら私に八つ当たり?
気持ち悪い.......もうちょっと頭使えないかな?
女子生徒
はぁ‪w‪w?なにコイツ‪wイキってんじゃねぇぞ?所詮何にもできないくせに!
なんでお前なんだよ!!
いっつも………
この野郎!
バン!ドン!

ボコッ
あなた
ガハッ…
いたい、いたい、いたい、いたい、いたい、いたい
あなた
痛い、やだ!やめて!
女子生徒
ふふふ‪w‪w
あんたなんて..............
どっかに..........................................
あなた
『ぶっ飛べ』!
ドン!
女子生徒
..........................................................................................................................................................................................
あなた
え..............?
あなた
あの…大……丈夫.......?
女子生徒
ゔぅ…この、"化け物"
あなた
え...............................................................
あなた
………………ポロポロポロポロごめん…なさい……すいません..............全て私が悪かっです……僕が、僕が!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
五条悟
.......呪言師…ね………………