無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

過去
五条悟
って事があったの………
乙骨憂太
……そうだったんですか…
五条悟
今は結構慣れてきたけど……初めは憂太みたいだったよ…だから憂太もみんなと仲良くなって、"生きていいっていう自信"がつくといいね
乙骨憂太
!!は、はい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
乙骨くーーーーーん!!
乙骨憂太
ん?あっ!あなたちゃん!!どうしたの?
あなた
今からみんなで訓練するんだけど、良かったら乙骨くんも一緒にしないかなーって…あっ嫌だったら全然大丈夫だから.......!
乙骨憂太
い、いや!僕も一緒に訓練したい.......!
あなた
ふふ‪笑良かった!
じゃ、行こっか!!ニコッ
乙骨憂太
う、うん//
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなた
みんなーーー!お待たせー!
禅院真希
おっ、あなたと転校生じゃねぇか
乙骨憂太
お、乙骨憂太.......です…
狗巻棘
しゃけ
パンダ
おい、真希、名前で呼べよ
禅院真希
なんでだよ
あなた
真希ちゃん、ね?
禅院真希
う、あなたが言うなら.......
おい、憂太
乙骨憂太
は、はい…
禅院真希
お前、何級?
乙骨憂太
え、えと…と、特級…?です
禅院真希
は?
パンダ
は?
狗巻棘
こんぶ?
あなた
え?