無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ただいま
乙骨憂太side
五条悟
はーい!!今日はみんなにニュースがあります!!
乙骨憂太
禅院真希
なんだよ 
しょうもなかったら潰す
狗巻棘
しゃけ
パンダ
そうだな
潰すんだ…
五条悟
相変わらず怖いねー君たち
憂太は相変わらず控えめだね
乙骨憂太
す…すみません.......
五条悟
はは‪wそれはいいんだけどもう少し積極的に…ね?
乙骨憂太
はい.......
五条悟
そんなんだったらいつ死んでもおかしくないから
え….......死ぬの?
もう少し積極的に.......よし!が、頑張ろう…
そういえば先生が言ってたニュースってなんだろう
乙骨憂太
あの、ニュースってn
禅院真希
それでニュースってなんだよ
い、言われた.......
五条悟
あっそうそう
もうすぐ来るはずなんだけど
乙骨憂太
来る?
人なのかな?
ガラガラ
???
遅れてすいません!!
乙骨憂太
え.......
その少女はとても綺麗で可愛かった

真希さん達もとても驚いて
禅院真希
あなたなのか?
狗巻棘
ツナマヨ!
パンダ
確か帰ってくるのは明日じゃなかったか?
一斉に五条先生にみんなの目がむく
五条悟
いやー昨日連絡があったんだよねー
禅院真希
は や く い え や !
五条悟
メンゴ!
ギュッと向こう側から音がした
???
ちょっ狗巻くん!?
狗巻棘
こんぶツナマヨ(おかえりあなた)
???
えっ…//うん!ただいま!!
その少女は少し照れた顔をして僕に気付いたのか、こっちを見てきた
???
えっと君は…?
乙骨憂太
えっ…とお、乙骨憂太です
???
乙骨憂太.......?そんな人いたっけ…
まさか…と真希さん達がまた五条先生の方を見つめる
禅院真希
悟…そんな事も言ってなかったのか?
五条悟
えーーーーーーーと、ごめんなさい
あなた
ふふ笑えーと乙骨くんだね!私はあなた!これからよろしくねニコッ
乙骨憂太
は、はい…//
僕はついあなたさんの笑顔に照れてしまった
禅院真希
(コイツもう落ちたのか)
パンダ
(流石あなた…)
狗巻棘
(あなた可愛い.......)
五条悟
はーい!!あなた!僕には?
みんなが呆れた目で五条先生に注目する
あなた
ただいまです!五条先生!!ニコッ
と、そんな五条先生にあなたさんは笑顔で挨拶をする
なんて可愛いんだろう
そんな可愛いあなたさんに流石の五条先生も多少な照れが入った
五条悟
はぁーそれ反則//
禅院真希
(キモ)
パンダ
(キモイな)
狗巻棘
(うわ…)
みんなが冷たい目で五条先生を見る
五条悟
.......よし!そろそろ授業を始めようか!
授業が始まる前に僕があなたさんにどうしても聞きたかったことを聞いた
乙骨憂太
あの…!あなたさんはなんで僕の後ろにいる里香ちゃんを祓おうとしないんですか?
禅院真希
確かに、あなた…転校生がいることも知らなかったのに
狗巻棘
しゃけ
パンダ
確かにな
それにあなたさんは
あなた
んーとね、確かに気にはなったけど真希ちゃん達が何も言わなかったから何か事情があるのかなってニハッ
とニハッとしながら言った
それにみんなは
禅院真希
流石あなただなスンッ
狗巻棘
しゃけ!
パンダ
尊敬するぜ.......
五条悟
............................(可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い)
ていうか五条先生、止まってるし
乙骨憂太
そ、そうだったんですか…
あなた
えっと、うん!
それと乙骨くん?敬語じゃなくて良いからね?
乙骨憂太
え…いいんですか!?
あなた
もちろんだよ!同級生なんだし!
乙骨憂太
ありがとうございます…!あなたさんニコッ
あなた
ん//
あなた
さん付もダメ
乙骨憂太
えっと…あなたちゃん…?
あなた
ん…ま、いっか!
えっと改めてよろしく!
乙骨くんニコッ
乙骨憂太
う、うん…//!
あなた
(良い子だなぁ…)
五条悟
.......それじゃあ今度こそ、授業を始めようか!
あなた
はい!
禅院真希
あぁ
狗巻棘
しゃけ
パンダ
そうだな!
乙骨憂太
はい…!