無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

新しい仲間
五条悟
あなたちゃん………
いい加減、返事してよ
あなた
.......ごめんなさい...ごめんなさい...ごめんなさい...
五条悟
......................................................................
あなた
私が……私が……本当にごめんなさい
クラスメイトにあんな大怪我させて…ほんと、最低ですよね.......こんな私に生きる価値なんてないですよね
五条悟
クラスメイト..............あれが?
あなた
え............................?
五条悟
クラスメイトっていうのは仲が良くて、みんなで協力して、でもたまにはケンカして、殴ったり、蹴ったり、ほんとにクラスメイトだったらこんな事、普通しないでしょ
あなた
でも.....................
五条悟
こら、でもじゃないでしょ?
あなた
.......どうせ、誰も、私なんて、必要としてない........
五条悟
してるよ
あなた
え…?
五条悟
少なくとも僕達は君の事を必要としてる
あなた
でもこの声は誰かを傷つける.......もう、誰も傷つけたくない..............
五条悟
"あなた"は優しいね
虐めてた人にも傷つけたくないって、僕にはこんな事できない…….......
あなた
…….......…….......
五条悟
それに…その声は、人を助ける事にも使える
大丈夫だから……
あなたは1人じゃない、僕がいる.......ね?
僕だけじゃない、これから仲間になる子達も一緒
だからさ.......もうそんな事、絶対に言わないでよ?
あなた
…….....................
そうなんだ…この声で、誰かを救える.......!
私はひとりじゃない
私、頑張る!何があっても…
あなた
……はい!五条さん!
五条さんのお陰で、また笑顔になる事が出来ました
本当にありがとうございますニコッ!
五条悟
……//
うん…!あなたには笑顔が似合う…!ニコッ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー