無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

288
2020/07/10

第3話















綾瀬「ん〜」



私はいつもどうり起きていつも思ってしまう









“また朝になっちゃった”







朝が嫌いで、自分のことも苦手で


学校でもあまり目立たない




明るいグループには行かなくって

いつも一緒の人といる


それが優香


優香も私と同じ






でも優香が学校に来るのは月に数回




理由は“病気”




私より酷いみたいなの


だからあまり来なくて学校はつまらない





自分の中で一番苦手な空間






支度をすませたらご飯は食べないで家を出る




親の顔も見たくない



とゆうか親じゃないし



私の親は私を置いてった







コンビニによってホットレモンを買う


体を温めたい


こんな理由でいつも買ってる






綾瀬「暖かい......」


??「それ美味しいよね」


綾瀬「え?」






NEXT