無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

91
2021/02/13

第12話








先生「綾瀬さんの寿命は約3ヶ月になります。」































私3ヶ月後に死んじゃうんだ




優香と同じところに行けるよ??









でも……










内村「あなた?」


綾瀬「死にたくないなぁ……」


内村「……俺がそれまで楽しませるから」





そういって私の頬を伝う雫を優しく拭いた


























帰り








綾瀬「ありがとね。内村」


内村「ううん。全然いいよ」


綾瀬「病院で言ってたことほんと?」


内村「ほんとだよ」


綾瀬「ふーん」







そう言ってくれる君の横顔は


少し悲しそうだった





























??「あっおね〜ちゃーん!」


綾瀬「あれ?拓哉!!」


西村「お姉ちゃんお久しぶり!」


綾瀬「うん!お久しぶり拓哉!」


内村「あの〜どちら??」


綾瀬「私のいとこの拓哉」


内村「いとこいたんだ」


綾瀬「うん!」


西村「あのね、お姉ちゃん」


綾瀬「ん?」


西村「今日僕が来た理由」


西村「お姉ちゃん。ずっと好きです。」


西村「お姉ちゃんとしてじゃなくて1人の女性として」


西村「だからお付き合いしてください!」


綾瀬「……ごめん拓哉」


西村「だよね…ごめんねお姉ちゃん」


綾瀬「あのね拓哉。ちゃんと聞いてね」


綾瀬「私あと3ヶ月しか一緒にいられないの」


西村「どういうこと?」


内村「余命宣告」


西村「え」


内村「さっきあなたは余命宣告されたんだ」


綾瀬「内村っ……」


西村「そんなの関係ないです」


西村「余命宣告されたって関係ないから」






















拓哉は内村と一緒で






やっぱり少し悲しい顔してた























頼りないお姉ちゃんでごめんね………






少しの間わがまま沢山言わせてね


































NEXT❤️5で次の話