無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
37
2021/07/24

第16話













内村「なぁあなた」


綾瀬「なに」


内村「冷た」


綾瀬「でなに?」


内村「今度水族館行こうよ」


綾瀬「え」


内村「だから水族館」


内村「きらい?」


綾瀬「嫌いではない」


内村「なら良かった」


綾瀬「ありがと」


内村「ん」






























水族館



内村「あなたは何みたい?」


綾瀬「くらげ」


内村「くらげ?」


綾瀬「うん」


内村「よし。じゃあ行こ」



そう言って私の手を引いてくれる



そういうひとつひとつにドキドキしちゃって


内村が見れなくなっちゃうんだよ


どうしてだろ


なんだろこの気持ち………













内村「はい。ここ」


綾瀬「きれい…」


内村「くらげ好きなの?」


綾瀬「昔ねくらげ飼ってたの」


内村「え?」


綾瀬「お店で貰ったんだよね」


綾瀬「お母さんに見つかったら捨てられちゃうから必死で隠してた」


綾瀬「水槽買えないし置けないし」


綾瀬「だから貰った袋にずっと入れてたの」


綾瀬「唯一の楽しみがくらげ見ることだった」


綾瀬「でもねある日そのクラゲいなくなっちゃったんだ」


綾瀬「死んで水になったの」


綾瀬「ちゃんと餌もやってたのに」


綾瀬「水になって透明になって姿を消した」


綾瀬「その水を路上に咲いてる花にあげた」


綾瀬「そしたらその花少し輝いてたの」


綾瀬「ちょっと嬉しかった」


内村「そっか。いい思い出じゃん」


綾瀬「今は私もくらげみたいに水になって消えたい」


綾瀬「そう思う」


内村「……」




黙ってた君は私の手をギュッて強く握って




内村「お前は消えたりなんかしない」


内村「いなくなったとしても俺の心にはちゃんといるから」








そう言ってくれた









嬉しかった









綾瀬「ありがと」



























君にみせた笑顔はもう作れないかもしれない



















君のおかげで色々なことがしれそうだよ



























NEXT