無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

173
2018/07/10

第27話

笑わないで…
ユリ家に着く
ユリ
ユリ
あー疲れた!でも、嬉しいな!ジミンと付き合えたしかも、一緒に住む!夢じゃないよね?(ほっぺたギュッ)普通に痛い!わーい!そうだイナさんに相談にのってもらってバンタンの宿舎の近くを案内してもらおう!
ユリ
ユリ
"イナオンニ!今度〇〇(バンタンの宿舎の近く)案内してください!あと、相談があるんですが…"
3分後
イナ
イナ
"もちろんいいよ!行こっか?でも、そこにこだわる理由は教えてもらえる?相談事どんと来い!"
ユリ
ユリ
"相談する時にいいます!ありがとうございます"
ユリ
ユリ
さー寝よ!
ユリ就寝






2日後
ユリ
ユリ
ふぁぁぁ〜!今日はイナさんと一緒に〇〇(バンタンの宿舎の近く)に行く日だ!
ユリ
ユリ
おきて〜
洗顔して〜
歯を磨いて〜
服も着て〜
準備をしましょう〜
(自作の歌笑笑)
ユリ
ユリ
ジミンに連絡しとこ!
ユリ
ユリ
"今日ね!バンタンの宿舎の近く案内してもらうの!楽しみ〜!"
8分後
ジミン
ジミン
"もうユリに会いたい!もし時間が空いたら会いにいくから、携帯はいつも、気にしてね!絶対だよ!"
ユリ
ユリ
"うん分かった!私も会いたい…♥"
2時間後



ピンポーン
イナ
イナ
来たよー!
ユリ
ユリ
はーい!
イナ
イナ
いこーか?
ユリ
ユリ
はい!
案内中〜(←適当でごめんなさい!)


お昼
ユリ
ユリ
あー!お腹すいたー!
イナ
イナ
なんか食べようか?
ピロン
ユリ
ユリ
ん?
イナ
イナ
ん?
(一緒に)
ジミン
ジミン
"会いたい、時間空いた"
ユリ
ユリ
"うんどこ?"
ユンギ
ユンギ
"バンタンカフェ2時?"
イナ
イナ
ふふっ   
ユリ
ユリ
ユリ
ユリ
どうかしましたか?
イナ
イナ
いや何も無いよ〜(◦ˉ ˘ ˉ◦)
ユリ
ユリ
なんかあったな(心の声)
イナ
イナ
ユリ!ごめん急に用事できたまた案内今度でもいい?
ユリ
ユリ
大丈夫です!
ユリ
ユリ
ジミンと会えるし(心の声)
イナ
イナ
"OK!"
ユンギ
ユンギ
"♥"
ユリ
ユリ
"ジミナ〜どこにいればいい?"
ジミン
ジミン
"近くにバンタン公園があるだろ?そこ"
ユリ
ユリ
"うん"
ユリ  バンタン公園到着
ユリ
ユリ
まだかな?
ジミン
ジミン
"もうすぐ着くから〜"
ユリ
ユリ
もうすぐ来るんだ〜((o(。>ω<。)o))
お姉さん方 )すいませ〜ん!いきなりでごめんなさいね〜!結婚相談所arisに入ってみない?どう?彼氏さんとかいるの????
ユリ
ユリ
すごい詰め寄ってくる人達だなぁ〜でも、私にはジミンという人がいるんだから断ろう!(心の声)
ユリ
ユリ
あ、あの…だいじょうb…
お姉さん方 )そんな焦らず答えは出さなくていいのよ?大丈夫だからね?よく考えてみて
ユリ
ユリ
脅してるじゃんか〜😭
誰か助けてーー(心の声)
ジミン
ジミン
おい…ババア達!お前ら俺の妻に何を吹き込もうと?
ユリ
ユリ
妻?( ゚д゚)(*゚∀゚*)✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。(◦ˉ ˘ ˉ◦)
お姉さん方 )あら、そうとは知らずごめんなさいねー💢けれども、私たちそんなにお年をめしてはいないわよ?💢
ジミン
ジミン
あーそれは失礼しました。でも、私の若ーい目にはあなた達がお年をめしたように見えたので?(綺麗な肌をみせながら)
お姉さん方 )そうね…あなた達からみたら私達も結構…かもしれないわね…💦(この子達今気づいたけど綺麗な肌ね)じゃあ失礼するわ?(そそくさと逃げていく)
ジミン
ジミン
はやくどっか行けババアどもめ!💢
ユリ
ユリ
(,,꒪꒫꒪,,)
ジミン
ジミン
そうだ!ユリ大丈夫だった?
ユリ
ユリ
(,,꒪꒫꒪,,)
ジミン
ジミン
ユリ!
ユリ
ユリ
(,,꒪꒫꒪,,)
ジミン
ジミン
パン!(手を叩いた)
ユリ
ユリ
はっ!なに?どうしたの?
ジミン
ジミン
あははユリってば面白い
ユリ
ユリ
なにが?(๑´• ₃ •̀๑)
ジミン
ジミン
逆に質問さっきなんで、(,,꒪꒫꒪,,)ってしてたの?
ユリ
ユリ
や、いや別に…////
ジミン
ジミン
その話は置いといて、ここはちょっといやだから近くのバンタンカフェにいこーか?