無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

238
2018/05/26

第5話

電話を待とう!
ジミン
ジミン
じゃあね〜!
ジミン
ジミン
いつ行けたっけな〜!ワクワク
マネージャー/ジミナーもう行くよ〜?
ジミン
ジミン
わかりました!
レコーディングは無事に終わり
宿舎で…

午後6時半
ジミン
ジミン
ユンギヒョン!相談があるんですけど聞いてもらえますか?(目をキラキラさせて)♡♡
ユンギ
ユンギ
断るにも断りきれないだろ!その顔は!
(心の声)
ユンギ
ユンギ
なんや?
ジミン
ジミン
あのですね〜…(いちれんのながれを話して)なんで、もうすぐ電話が来るはずなんですよ!
ジミン
ジミン
ドキドキです!
ユンギ
ユンギ
う〜ん、それはよかったな       で?
ユンギ
ユンギ
ドキドキしてるって事はお前その子の事好きなのか?
ジミン
ジミン
えっ!えーと…
ジミン
ジミン
俺好みだなっとは思ってます
ジミン
ジミン
好きかどうかまでは…
ユンギ
ユンギ
いや、もうそれは好きだろ
だって俺もイナからの電話少しドキドキする…//
ジミン
ジミン
えっ!ユンギヒョン?ホンマにユンギヒョンですか?
ユンギ
ユンギ
そうだよ!なんか変か?
ジミン
ジミン
いや、ユンギヒョンも照れるんだなと思ってすごく不思議な感覚です
ユンギ
ユンギ
あー💢
ジミン
ジミン
すいませんでした笑笑
プルプループルプルー…
ジミン
ジミン
あっ!電話かかってきた!ユンギヒョンどうしましょ?💦
ユンギ
ユンギ
とりあえず出てみろ  で、その子がどうか確かめろ
ジミン
ジミン
はい
電話に出る
ジミン
ジミン
もしもし
どなた?
えっと、お昼にお世話になった者です!
覚えてますか?助けて頂いたんですけど
ユンギ
ユンギ
ちょっと、とぼけてみろ(小声)
ジミン
ジミン
(うなづいて)
あーーそういや俺ここに電話してって言ったな?!
はい
ジミン
ジミン
それでいつ行く?
ユンギ
ユンギ
待て、名前を聞け!(小声)
えっと、その事なんでs…
ジミン
ジミン
待って!名前を聞いてないまだ!
ジミン
ジミン
俺はジミン!きみは?
ユリ
ユリ
私はユリです
ジミン
ジミン
カワイイ名前だね!お花の名前!
ユリ
ユリ
ありがとうございます…
ユリ
ユリ
それでなんですけど、自分が誘ったにも関わらずご飯の件…
ジミン
ジミン
何?もしかして無理になったの?
ユリ
ユリ
はい…
ジミン
ジミン
ガーン😨(表情)
ジミン
ジミン
なんで〜なんでなんで?
ユンギ
ユンギ
なに?無理になったのか?(小声)
ユリ
ユリ
失礼ですけど私ジミンさんが世界的有名な防弾少年団さんっていうのを知らなくて…すいません
ジミン
ジミン
謝らなくていいけど…そんなこと?
ユンギ
ユンギ
マジかよ…
ユリ
ユリ
はい
ユンギ
ユンギ
おいこー言え!(小声)
紙に書く
ジミン
ジミン
じゃあ俺はお昼に君を助けなかったらよかった?
ユリ
ユリ
そんな!助けてもらってすごくかっこいいって思いましたし嬉しかったですよ!
ジミン
ジミン
やばっ、嬉しっ!(心の声)
ジミン
ジミン
じゃあ俺が防弾少年団っていうのは関係ないよね!
ジミン
ジミン
うん?って必要ですか?ユンギヒョン(小声)
ユンギ
ユンギ
おー絶対
ジミン
ジミン
うん?
ジミン
ジミン
なんか威圧してませんか?大丈夫ですか?…(小声)
ユンギ
ユンギ
大丈夫  大丈夫
ユリ
ユリ
圧力がかかっている気がする(心の声)
ユリ
ユリ
そうですね…!
ユリ
ユリ
いつ空いてますか?
ジミン
ジミン
うーんとね…
ジミン
ジミン
いつですか?ユンギヒョン
ユンギ
ユンギ
お前何でもかんでも俺に聞くなよ!来週は空いてるぞ!
ジミン
ジミン
ありがとうごさいます(小声)
ジミン
ジミン
来週だね!
ユリ
ユリ
じゃあ来週に
ユンギ
ユンギ
店はこっちが選ぶって言っとけ
ジミン
ジミン
うんお店はこっちが選んで送るから!追加するの嫌じゃないよね?
ユリ
ユリ
はい
ジミン
ジミン
じゃ    決まりだ!またね〜
電話が切れる