無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

350
2021/03/03

第3話

3
平塚「あなた〜!安嶋あなたさ〜ん!」
今日も彼女を起こしに彼女の家へ行く
これは今までやってきたことで、これからも変わらないだろう
彼女は朝に強い…自称ね
俺が起こせば一瞬で起きるし、1番驚いたのは翔馬くんの匂いで分かったと言って起きてきた時だ
あなた『んふ笑、おはよう』
ふわふわ笑ってる彼女は正真正銘俺の彼女
朝の寝起きの時間は本当にふわふわしていて俺に似てる(って言われた)
俺はこれからも彼女以外ありえないしあなたも俺以外ありえないでしょ?