無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
313
2021/03/08

第5話

5
男子「あ、あの好きです付き合ってください!」
誰だろ人集まった中で告白されてると女子側も断れねえよな〜
あなた『ごめんなさい!私あなたとは付き合えません、彼氏がいるので。すみません』
お、勇気あるね…
じゃなくて!あなたじゃん!
湧何してんの!?
あなた『それに、私あなたと話したことありません』
男子「これから、いっぱい話そうぜ?」
あなた『嫌です』
男子「なんでだよ!湧はいいんだろ!?」
あなた『湧は湧、あなたはあなたです』
男子「絶対俺の方がいいって!」
あなた『まず私は彼氏以外好きになれません、湧は私も私の彼氏も信頼している人です』
諦め悪すぎじゃない?
まぁまぁここでかっこよく登場しますよ俺は
平塚「ばぁっ!」
あなた『翔馬!』
平塚「ん?何してたの?」
あなた『なんかあの人しつこくて』
平塚「湧どこいったの笑」
あなた『トイレ行った』
平塚「はぁ、あなたは俺の彼女なんで手出さないでくれる?」
男子「なんだよヒョロヒョロ」
あなた『私はあんたの言うヒョロヒョロが好きなの』
平塚「ヒョロヒョロ言うな」
あなた『へへ笑』
平塚「可愛い好き」
あなた『私も大好き愛してる』
平塚「あ、今日デートしよっか」
あなた『うん!どこ行く?』
平塚「え〜映画?」
あなた『みたーい!』
平塚「でしょ、行こっか」
あなた『うん!』
男子「なぁ、おいってば」
平塚「何」
男子「あなたちゃんは、」
平塚「お前あなたちゃんって呼ぶなよ」
男子「は?」
平塚「あなたのこと名前で呼んでいいのはあなたの家族とあなたの友達と俺と湧だけだから」
男子「俺友達だろ?」
あなた『いや?』
平塚「ほら、やめてくださいね」
あなたの腕を引いて去る俺かっこよく見える?
言ってることかっこ悪いけどさ、
その辺は頑張ったってことにして?
大事な彼女に触れられてたら俺死んでたわ