無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,464
2021/01/11

第3話

無事大学へ
あなた

あー着いたー

ハック
…一つ思い出したことがあるっす。
今日の講義1時間後からだったっす。
あなた

…ってことは無駄に走ったってことっ⁉︎

ハック
そうっす…
ハック
とりあえず部室行くっすか
あなた

そうだね

言い忘れていたことがあった。実は私、あなたは秘密結社ヤルミナティーの一員なのだ!
あなた

タブー先輩いるかな?キリン先輩はきっと遅刻するし

ハック
タブーさんはきっと居ると思うっすよ。
あなた

確かにタブー先輩はああ見えても遅刻はしないもんね

???
おい誰が遅刻するって?
あなた

えっ?

ハック
えっ?
キリン
ひどいじゃあないか!俺だって遅刻しない時もあるんだぞ!
ハック
キリンさんが遅刻しなかったことがあったとは思えませんけど、、、
あなた

うんうん

キリン
二人ともひどいなぁ!って二人ともいつもより遅いんじゃあないか?
ハック
今日は二人とも寝坊したんすよ。昨日夜更かししたから…
キリン
おやおや??
ハック
いや!キリンさん!都市伝説調べてただけっすよ!///
キリン
あれっ?ハック、俺はおやおや?としか言ってないぞ?(ニヤニヤ)
あなた

ふふふ、ってか急ご?タブー先輩待ってるかもよ?

ハック
そうっすね、、、
キリン
そうだな!