無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

308
2020/07/24

第3話

Get over you...
設定:徹也さんはあなたさんの元カレです。


Get over you...の歌詞を柿原徹也さんが書いたことになっています。ご了承ください。

徹也さんsideです。

--------キリトリ線--------
スタッフ
スタッフ
今回、ミニアルバムを制作するにあたって、柿原さんに作詞をお願いしたいのですが、、、。

そうスタッフさんに言われてできたのが
"Get over you..."

正直どうやって書いたらいいのか分からなかったけどスタッフさんに「思ったままに」と言われて余計悩んだ。


悩んだ結果、あなたが聴いてくれるかもしれない、あなたに届くかもしれないと思ってこの歌詞を書いた。


、、、あれ?













俺ってこんな女々しかったっけ?









高校生のとき、あなたは俺の彼女だった。



小学生のときにドイツに引越した俺はあなたのいる学校に転校した。


あなたはドイツと日本のハーフで俺にドイツ語とかドイツのこととか、色んなことを教えてくれた。


それから小、中と一緒の学校に進み、いつの間にか俺はあなたのことが好きになってた。
高校も一緒のところになり、思い切って告白してよかったと思う。


俺たちは幼馴染みから恋人になった。


喧嘩もそれなりにあったけど、一緒にいれることが幸せで、何よりあなたのことが好きだった。
いや、今も好きだ。

でも、俺は声優になりたいと思って、日本に行くと決めた。それが全てを崩した。別にケンカがあったわけじゃない。

ただ、俺の勝手に付き合わせるわけにはいかない。第一、それで食べていける保証なんてないから別れようと思った。かと言って少女マンガみたいにあなたにかくしごとなんて出来ないと思って、全部話した。


俺の夢のこと。

















別れてほしいと思ってること。




あなたはただ黙って聞いてくれた。

俺が話終えると涙目で笑って
あなた

がんばれ、徹也!私は徹也の1番のファンだからね!



って。

だから俺もつられて、泣きながら笑って

徹也
徹也
それなら、一層頑張れるわ!
って、お互いに強がった。



あなたは空港に見送りにも来てくれて、


あなた

好きだったよ、徹也。向こうに行ってもがんばって。応援してる

って、言ってくれた。


だけど、あなたが笑うたび、罪悪感が募って、でも、あなたが強がって泣かずに送り出してくれるから、きっとこれが俺たちのカタチなんだって自分に言いきかせてドイツを出た。



それから声優として少しずつ売れてき始めた。主役を貰えたときはすごく嬉しくて、でもプレッシャーと緊張に押しつぶされそうになった。そのときも、そのあとも、怖くなったりするといつもあなたの横顔を思い出して頑張った。


あなたが俺の1番のファンでいてくれるから。

そう思って。

あなたのおかげでこうやって声優だけじゃなくて、音楽活動もできて、自分に作詞を任してもらえるようにまでなった。


だから、あの時から言えてない「ごめんね」と「ありがとう」とこれを機に思い出にできるように頑張るよって思いを込めて、、、。
あなたに届くように、、、。






Oh No... I will get over you...


--------キリトリ線--------

作者です。


いかがだったでしょうか。


何気自信作です(笑)


徹也さんの元カノ、いい人ですね!

自分で書いておいて何を言ってんだかって感じですか、書いてるときからあなたさんめっちゃ好きだなって思っちゃって‪w

再会させたいですね。
頑張ります(笑)


ちなみにですね、気になった方がいるかもなので、、、。

徹也さんの「頑張る」とあなたさんの「がんばる」はわざとです。ひらがなの方が可愛くないですか?ただ、それだけの話です。

あと、明記されていない部分はご想像にお任せします。


では今回も、あとがきが長くなったのでお別れです。


次回は、のぶくんかな?違くなるかもです。