無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
666
2018/12/30

第3話

ジミンさん
アイドルって大変だよね……

外に出かけるときは変装してバレないようにしてる

普通に皆みたいに、変装しないで出かけたいって思ってるよね……
ジミン
あなた、何を買うの?
あなた
あなた
えーとですね…
歯ブラシやシャンプー、洋服を買おうかな!って
思ってます!
ジミン
じゃあ、洋服を最初に買いに行こう!
てか、あなた、また敬語になってるよ笑
あなた
あなた
あ!つい、癖で…笑
ジミン
そっか笑笑 
あ!あの服、あなたに似合うと思う!
あなた
あなた
どれ??
ジミン
これ!
あなた
あなた
可愛い!
あんまり、黒系の服持ってないの!
買おうかな!
ジミン
うん!
会計が終わって……
あなた
あなた
お待たせ!
ジミン
それじゃあ、シャンプーとか買いに行こうか!
あなた
あなた
うん!
ジミン
あなた、俺最初ね新しいマネージャーがくるって
知ったとき、俺反対してたんだ
あなた
あなた
え?
ジミン
また、俺たち目当てでくるんじゃないかって
疑ってたんだ。でも、あなたと話してて
今までのマネージャーとは違って、俺たち目当てじゃなくって
本当にマネージャーの仕事が好きなんだなって伝わったんだ。
これから、よろしくね!
あなた
あなた
よろしく!!
ジミン
あとさ、俺たちどっかで会ったことない??
あなた
あなた
ん?何いってる……………の?
どっかで会ったことある………?


いや、そんなわけ………………


















































まさか……………












































あの







ジミンちゃん……………なの?