第41話

第一部 其ノ四拾
あきと
あきと
あの店のみんなおんなじ思いやと思う
しげ
しげ
おん
あきと
あきと
だから大丈夫やって
しげ
しげ
おん
あきと
あきと
重もあの店で働きたいんやろ?
しげ
しげ
働きたい。2回しか行ってないけど、始めて行った時から居心地ええねん
あきと
あきと
そうやろ。だったら大丈夫や
しげ
しげ
わかった
あきと
あきと
俺こっちやから、また明日な
しげ
しげ
おん、明日
重い足取りで家に向かう重
同じころ
りゅう
りゅう
はまちゃん、ほんまに会社辞めてええんか
はまちゃん
はまちゃん
おん、今の仕事好きやけど、どこかで俺の居場所じゃないってずっと思ってたところがあるんや
のんちゃん
のんちゃん
そうやな、営業さん向きではないって最初に会った時から思ってたけど
りゅう
りゅう
こら、のんちゃん それは失礼やろ
のんちゃん
のんちゃん
でも、はまちゃんも自分が営業向きではないって思ってたって
はまちゃん
はまちゃん
それにさ、あの店の雰囲気も好きやけ
りゅう
りゅう
やけど?
はまちゃん
はまちゃん
働いているみんなを見ていると、あの輪に入りたいっておもえてな
のんちゃん
のんちゃん
ふ~ん
はまちゃん
はまちゃん
あっ 俺こっちなんで
りゅう
りゅう
じゃぁ、しばらくはお客さんとして来て
はまちゃん
はまちゃん
おう
のんちゃん
のんちゃん
一緒に働けるの楽しみにしているわ
はまちゃん
はまちゃん
俺もあの店で働けるの楽しみしてる。じゃ
りゅう
りゅう
じゃぁ