第51話

第一部 其ノ五拾
しげ
しげ
いらっしゃいませ おひとりですか
「・・はい・・・」
しげ
しげ
こちらへどうぞ
「・・・・・」
しげ
しげ
お客様?
「・・あっ」
しげ
しげ
はい?
「いえ」
しげ
しげ
今日の日替わり定食は、アジフライ定食か豚の角煮定食になっております。
ご注文が決まりましたら、お声掛けください
「はい」
しげ
しげ
はまちゃん、あのお客 おかしないか?
はまちゃん
はまちゃん
ん?どこがや
しげ
しげ
なんかメニューみてるふりしてるけど、店の中見てる感じやで
はまちゃん
はまちゃん
えっ
しげ
しげ
声が大きいって
はまちゃん
はまちゃん
あっごめん
しげ
しげ
なんか偵察ていさつぽい感じやろ
はまちゃん
はまちゃん
ん~そうかな、他の人が食べてるもの見て選ぼうと思ってるとかちがうんか?
あきと
あきと
おい!お前らなにコソコソ話し込んでるねん。お客さん呼んでるやろ
はまちゃん
はまちゃん
あっ ごめん
お待たせしました
しげ
しげ
なぁなぁ あきと
あきと
あきと
しげも仕事しろって
しげ
しげ
するけどさ、あのお客、なんか様子おかしいと思わん
あきと
あきと
はぁ? どの客
しげ
しげ
ほら、あのスーツ着た男性
あきと
あきと
ん~何かきょろきょろ店のなか見渡してるけど
しげ
しげ
あっ 目があったけどそらしたで
バシッ
しげ
しげ
いて~
じゅん
じゅん
そらそうやろ!
しげ
しげ
じゅん いきなり叩かんでもいいやんか
じゅん
じゅん
お店の人にジロジロみられてたら、誰だって挙動不審きょどうふしんになるわ
しげ
しげ
俺そんなにじろじろ見てないで
じゅん
じゅん
いや見てたな
「すみません」
じゅん
じゅん
はい 今伺います
しげ
しげ
あっ じゅん 俺行く
じゅん
じゅん
おまえは洗い物でも手伝ってこい
あきと
あきと
あらら、じゅん怒らした。知らんで~
しげ
しげ
俺、怒られることしてないし