無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

十二 " 紅 ノ 決意
251
2022/05/23 20:32
ぬし
今回から過去編に入っていきます!
終わりに近づく…
果たして完結はできるのか…()
ぬし
あ、後皆さん感想書いて
頂けると幸いです!!
ぬし
一人の子がずっと
コメントしてくれてる…有難いですね。
ぬし
という事で…、感想モチベに
繋がるのでぜひ!!((欲張るな
ぬし
では本編!
- 年前
李雨 _riura
お母さん!
俺の家は幸せだった
お母さんもお父さんも優しくて
家も裕福…とまでは行かないが
不憫のない生活を送れていた。
時にトラブルもあったが
家族で乗り越えられた
ずっとこの幸せが続くんだと思っていた、
自分の手でしあわせを崩してしまうことも知らず
am.2:38
何故か目が覚めて
水でも飲もうかとリビングに向かった
リビングの戸の前に来るとお父さんの声が聞こえた
このまま順調に行けば…
李雨 _riura
…?
何が順調に進めば良いのだろう
興味だけで動いたのが悪かった
いや、幼かった。興味が1番の餌だった
李雨 _riura
お父さん…?
ぉ、あ、り、李雨!
どうしたんだ?こんな時間に
李雨 _riura
…お父さん…何が順調に進めばいいの?
ッ…な、何の話だ?
李雨 _riura
?お父さん今いっt
あ~、お、お父さん眠いなぁ
そうだ李雨!一緒に寝ようか!
李雨 _riura
え、あ、?
ささ!ふとんに行こうか
李雨 _riura
…?わかった!
次の日
李雨 _riura
おかあさ ~ ん!
ん?どうしたの李雨?
李雨 _riura
お父さんがねー?昨日の夜ね?
あ、まっ…
李雨 _riura
?どうしたの?お父さん!
り、李雨…その話は…
…お父さん、少しこっちで
話しましょうか
…あぁ
李雨、少しここで遊んでなさい
李雨 _riura
…わかった!
なんかあったのかなぁ?
なんて考えながら遊んでいた
これが崩壊の1歩だとも知らずに
李雨。
李雨 _riura
?どうしたのお父さん!
李雨はこれからしばらく
ここの施設で暮らすんだぞ!
李雨 _riura
?お父さんとお母さんは…?
…また迎えに来るからな!
そう言い残しお父さんは去っていった
そこからは地獄だった
戦いのためにだけ練習をして
仲間が練習でどんどん死んでいく
いつしか友達を作ることが怖くなっていた
人に懐くのも辞めた
失う のが怖いから
自分の手で消えていく仲間を見たくないから
いつしか俺は
人と関わらなくなった
悠佑は俺の希望だった。
俺がどんな素っ気ない態度をとっても
しつこく話しかけてくれた
だから悠佑さんは
悠佑とみんなは
絶対に失いたくない