無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

十三 " 水 ノ 笑 顔
220
2022/05/30 08:37
小学生
僕は昔からとてもドジで泣き虫だった
友達からはよくからかわれた
_
やーい!泣き虫~w
仏 _hotoke
っ…
辛かった。こっちだって頑張っているのに
でも、僕には友達が1人だけいた。
ほとけ ~ !
名前?覚えてないな
でもとっても優しくて
いつも寄り添ってくれた
その子はある日僕に言った
なぁほとけ
仏 _hotoke
…?グスッ
あ~ほら泣くなって!
にこーっ!ほら、笑ってみ?
仏 _hotoke
ニヘ…?こう…?
ん!そう!泣いてたら
幸せ逃げてくで~?
仏 _hotoke
…そっ、か…ぁ
仏 _hotoke
わかった!僕これからにっこりする!
仏 _hotoke
だから___もにっこりしてね!
……うん
その次の日からその子は学校に来なくなった
でも泣かなくなった僕には一人
とても信頼のできる友達ができた
白髪はくはつ
いつも兎を連れていて
関西弁の声が特徴的な男の子
初兎 _Sho
いむく ~ ん !
初兎ちゃんだ
いつしか僕はずっと初兎ちゃんといて
でもある日
僕は捨てられた
初兎ちゃんもだ
僕たちは奇跡なのかな?と思ったが
1人よりいい事に変わりはなく
2人でダンボールの中寄り添って夜を過ごした
初兎ちゃんの前ではとびっきりの笑顔を
心配させないように
不安にさせないように
焦らせないように
あの日教えて貰った笑顔を貼り付けて
初兎ちゃんと出会えたこの笑顔を貼り付けて
偽って、偽って。
どうか僕を心配しないで
大丈夫だから。
初兎 _Sho
なぁ、いむくん
仏 _hotoke
ん?どーしたの初兎ちゃん?
初兎 _Sho
このまま誰も
拾ってくれなかったらどうする?
仏 _hotoke
ッ……
初兎 _Sho
なぁ、僕怖いんよポロッ
初兎 _Sho
グスッ、このま、ッま
しんじゃグスッじゃないかって…
仏 _hotoke
ッ…ぅう…
仏 _hotoke
大丈夫、大丈夫だよぉ…グスッ
仏 _hotoke
ぅううっ…うわぁぁんッ…!!
初兎 _Sho
ヒッグヒッグ…ポロポロ
そんな時に足音が聞こえた
こんな経緯で僕達は拾われた
前より断然は幸せな生活を送っている
それでもこの笑顔の仮面は剥がれることは無い
ほら、僕
仏 _hotoke
とっても笑顔でしょ?だ れ か この仮面 を 剥がして … 。