前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
101
2018/02/20 21:38
今日でいよいよ卒業。

私は、中学校3年間ずっと思い続けた人がいる。

今日は、その人に、ある方法で思いを伝えることにしている。

それは…「花言葉」だ。
あなた

えっと…この花でいいんだよね…

私が持っていく花束は、白詰草(クローバー)と勿忘草で作られている。

白詰草の花言葉は、『私を思って』

勿忘草の花言葉は…『私を忘れないで』

私にぴったりの花言葉だ。

彼が気づいてくれればいいし、でも、気づいてくれなくても、それでおしまい。

そうするつもりでいた。
あなた

お母さん、よろしくねー!

お母さん
はーい、持ってけばいいんだよね。
あなた

そうそう。行ってきます。

私は先に家を出る。

お母さんは自転車だから、どうせ後で追いつかれるけど。

プリ小説オーディオドラマ