無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

『見てね』
お久しぶりです。咲羅です。
最近投稿しなかったこと、謝ります。
すみませんでした。
投稿出来なかった理由なんですが、
この数週間、僕の周りの環境に色々な変化がありました。
何個かあるので、箇条書きにして紹介します。
☆僕に彼氏が出来た。

☆その彼氏は学校の人気者で、周りの
嫉妬により、いじめが悪化した。
☆父親のせいで離婚。
☆離婚したため、家が別荘に引っ越した。
大方この4つです。
離婚は、僕のお父さんが一方的に僕に好意を抱いていたからです。
頬にちゅーをされたり、胸を触られたり、好きや愛してるなど言われました。
自分の親と思いたくないほど気持ち悪かったです。
僕のお母さんは、
僕をそれから救うために離婚してくれました。
僕は1部見てたけど、殴られたりしてました。
それでも諦めず、離婚してくれました。
いい母親を持ちました。
次は、引越しのことですが、
これはカルホルニアの別荘に引っ越しただけですので、そこまでの話で大した事はなんもないです。
次に、これはいっちばん嬉しかったことです!
僕は、とある男と子から告白されました。
男の子の名前は『アレックス』です。
※男の子はイギリス人だよ!
※ちなみに僕はロシア人と日本のハーフ!
その男の子が、8月27日に告白してくれました。
僕は、イギリスの言葉が分かりません。
男の子は自分の知ってる日本語を使って伝えてくれました。
それだけで嬉しかったです。
僕はその場でスマホでイギリス英語を調べ、告白の返事をしました。↓ ↓ ↓
『僕は、性同一性障害です。
あなたは、きっと僕と居て辛いことばかりです。』
『あなたには、もっと綺麗で可愛くて、素敵な人に出会えます。』
『なので、僕はアレックスさんとは付き合えません。』
『性同一性障害』その言葉を聞いたアレックスは、もちろん混乱してました。
そのまま、今までの人通り、『キモイ』って言ってどこかに行くと思ってました。
でも彼は、
『そんなの関係ないよ。
僕はありのままのアグラーヤがすき。』
『僕が辛くても、アグラーヤの事は幸せにする。』
『どんなアグラーヤも愛してる。
僕と付き合ってください。』
そう言ってくれたんです。
僕は、ありのままの自分を受け止めてくれたアレックスを好きになりました。
僕はアレックスと付き合うことを決めました。
これが嬉しかったことです。
ちなみに、引っ越したのは離婚のせいじゃないです。
家は、福岡にありました。
そこから千葉の別荘に移りました。
そこで出会ったのが、アレックスです。
転校初日に僕はいじめられました。
さらに、アレックスと付き合ったことによりさらに悪化しました。
なので、カルホルニアに引っ越しました。
その時、アレックスも着いてきたい。
とゆう願望で、アレックスとアレックスの両親と僕の兄妹と母親とで、一緒に9月1日に日本を出ました。
長いですが、だいたいこんな感じです。
僕の本名が写っちゃってるけど、気にしないでください。
アレックスに本名の許可は取ってあります。
別荘だからだいたい家具も揃ってるし、電気とWiFiないくらいで不便はあんまりないです。
※WiFi繋がってからこれ書いてます。
あとホコリ溜まってて死ぬかと思った。(潔癖)
生活がだんだん落ち着いてきたので、
1週間後にはまた投稿したいと思います。
 ↑ いじめで折れた腕。 ↑
取り敢えず応急処置。
僕の利き手がァァ...しばらく右手で頑張ります...

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨咲羅✨
✨咲羅✨
咲羅(さら)です! 皆と仲良くしたいです! よろしくね! ✨推し様✨ ↓ 浦島坂田船 → 志麻くん すとぷり → さとみくん AtR → そらるさん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る