無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

698
2021/03/25

第3話

🙌🏻:企み
💗🐈
💗🐈
待って、、、まだ俺がいけてないから















今日の最高気温38℃













そんな蒸し暑い日に僕はさとみくんの部屋で2人っきり














お互い汗をかきながら耐える













💙🐐
💙🐐
まって、、僕もう無理かも、、、あぁ!






僕の限界を知らせるが聞く耳を持たないさとみくんは
💗🐈
💗🐈
あ、、、先いっちゃった














自分勝手な行動をしながらも反省する気はなくさとみくんは僕の必死そうな顔をまじまじと見る
💙🐐
💙🐐
、、、あ、、、無理やられた














それにしても、久しぶりだったからめちゃくちゃ下手っぴになっちゃった……/////
💗🐈
💗🐈
お前な、なんでハッチの近くでチェイスしなかったの









僕達がやっていたのは
💙🐐
💙🐐
ハッチがどこか分からなかったの……








第五人格です(´>ω∂`)☆
💗🐈
💗🐈
もういいわwww
💗🐈
💗🐈
あ、コーラ飲み干した
💙🐐
💙🐐
おい何やってんだよ!!僕が買ってきたコーラなのに!








僕が自分用で買ってきたんだけどさとみくんに1口といわれ全て飲まれました








これはもう有罪ですね
 
はい
💗🐈
💗🐈
そんなに?
💙🐐
💙🐐
僕の大好きなコーラ
💗🐈
💗🐈
しゃーねぇ買ってきてやるよ
💙🐐
💙🐐
いや、一緒に行くからね?
💗🐈
💗🐈
いや?俺1人で行くから
 


あー、これは何か企んでますね










もう長い付き合いだからわかる
💙🐐
💙🐐
一緒に行こ?(圧)
💗🐈
💗🐈
はい






















あれから色々あったけどさとみくんの家から1番近いコンビニに着きました








外は砂漠みたいに暑くて首元や背中の汗が熱湯になりそう