無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

789
2021/03/28

第2話

🙌🏻:真夏の夜道
せんせえ
せんせえ
はい、これで授業終わります。
みんな寄り道せずに帰ってください





先生の一言でザッと教室がザワつく
















私も「うんんん」と背伸びをした












友達「あなた帰ろー!」







ノートをしまっていると私と離れたところで友達が大声で言う













👑🎀
👑🎀
はーい!





私も同じくらいの声量をだして走って友達のもとへいく







塾の外はとても暑くて一気に体の体温が上がった
















友達「暑いねぇ」













友達は手で顔を扇ぎながら私を見ていう
👑🎀
👑🎀
それ〜、、、ねぇ!前の人長袖長ズボンだよ





私が小さく指を指すと友達は「逆に怖いんだけどwww」と軽く笑う









暑い道を2人で歩くこと5分











友達「私これから柔道の稽古だからここでバイバイ」










友達は私の顔を覗き込んでコソッと言う
👑🎀
👑🎀
そっか!頑張れ!




友達「バイバイ!」






友達と別れ1人で真夏の夜道を歩く













友達といる時は話に夢中で気づかなかったが背中に背負ってるリュックと背中がじんわり暑くなる










ほんとに夏は嫌だなぁ











リュックと背中に少し隙間を開けて風を通りやすくして汗を乾かす











けど入ってくるのはは暑いお湯の湯気のようなものだった
👑🎀
👑🎀
(コンビニ……)
 






暗くて先の見えない道に1つセブンの看板が光っていた













寄り道はダメだけど……これから勉強するしアイスも買いたい









無意識に足がセブンへ向かってしまう