無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

566
2021/04/02

第10話

🙌🏻:青髪の高身長?





ドクドクドクドク



















隣のあなたにまで聞こえそう



















あなただよな?



















あなただよな!?
👓📓
👓📓
(なんで、、、)
👑🎀
👑🎀
……!?










ボソッと誰にも聞こえないような声で呟くとあなたが目を丸くして周りを見渡す
👑🎀
👑🎀
、、、気のせいか
👓📓
👓📓
、、、ど、どうしたの、
👑🎀
👑🎀
なんか今幼なじみの声が聞こえたような気がしてさあ
👓📓
👓📓
、、、あ












お、幼なじみってもしかして僕、、、?
👑🎀
👑🎀
まあーいいや。
あ、そうだ、









あなたが何かひらめいたのか僕に近ずき小声で言う
👑🎀
👑🎀
(この学校に“ころん”って人居る?)
👓📓
👓📓
、、、こ、ころん?
👑🎀
👑🎀
(そう、今探してるんだけど)
👑🎀
👑🎀
(どこにも居なくてさ、
先生に聞いたけどそんな名前の奴居ないって
)
👓📓
👓📓
へぇ、、、←仮の名前で入学した人
👓📓
👓📓
どんな特徴なの、、、
👑🎀
👑🎀
(静かにしてればかっこよくて、)
👓📓
👓📓
、、、/////(かっこいい、、、?)
👑🎀
👑🎀
(青髪で私よりちょっと身長が上)
👓📓
👓📓
う、うん
👑🎀
👑🎀
(そして)
せんせえ
せんせえ
じゃーここ、あなた
👑🎀
👑🎀
ゑ!?
👓📓
👓📓
、、、(あなたにスッと答えを見せる)
👑🎀
👑🎀
あ、えー、、、
👑🎀
👑🎀
−◯◯
せんせえ
せんせえ
正解えー、じゃあこの問題を◯◯










あなたが椅子に座りひと段落する













正直僕もこの問題の答え合ってるか不安だったけど、、、