無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

えぇ〜!
仁は足を止めて、私の方を振り返った。
尾形 仁(おがた じん)
尾形 仁(おがた じん)
なんでだと思う?
やけに真剣な顔をしている。
私はゴクンと唾をのんだ。
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
え、まさか、いじめとか、、、、?
すると、仁は言ったのだ。
尾形 仁(おがた じん)
尾形 仁(おがた じん)
学校がくだらなくて行ってないんだってよ。まるでお前みたいだな!笑笑
ズコッ!
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
何よ、真剣な話かと思ったら〜!
も〜!
尾形 仁(おがた じん)
尾形 仁(おがた じん)
何だ、モーモー言ってるぞ?
牛なのかな?
仁は私を煽ってくる。
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
ぅるっさいわ!
でも!いじめじゃなくて良かった〜
尾形 仁(おがた じん)
尾形 仁(おがた じん)
そうだな。
あ、もうすぐ晩飯だぞ、早く降りてこいよ!
仁は笑いながら部屋を出ていった。
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
はぁ、やっぱあいつといると疲れるわ
私は「はぁ」とため息をついた。と、その時。
ピコン!
LINEの着信音が鳴った。
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
お、誰だ?
LINEの相手は、高校時代の友達、乃亜(のあ)だった。
LINE⬇
ノア
ノア
おーい!
夢羽
夢羽
どしたのー?
ノア
ノア
ちょっと付き合って欲しいことがあるんだけどさ〜、
夢羽
夢羽
なになに?
ノア
ノア
LIVE、一緒に行ってくんない?
夢羽
夢羽
え、どゆこと?
ノア
ノア
LIVEのチケット当たるかなと思って、予約したんだ。そしたら当たっちゃってさ
夢羽
夢羽
へ〜、で、私もってこと?
ノア
ノア
そうそう
夢羽
夢羽
何のLIVE?
ノア
ノア
すとぷり🍓👑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
尾方 夢羽(おがた むう)
尾方 夢羽(おがた むう)
えぇ〜!
私はスマホを投げ出したのだった。