前の話
一覧へ
次の話

第4話

あとがき
57
2022/03/22 12:16
いつも作品を見ていただきありがとうございます。今回の作品は自分の感情大爆発作品です(笑)
話のまとまりとかをいつも以上に意識せずに書きました(笑) 作品の補足についてなんですが、箇条書きで書きます。

まず相手を決めなかった理由についてこれは
① 何人か候補がいたけど、決められなかった。

② 相手を決めてしまうとその人の人物像的なものが固定されてしまうと思ったため。

③ 色んな相手に置き換えて、物語のルート?幅?を広げたかった。

以上の3つです。

2つ目、yhさんを小説に登場させた理由について。これに関しては、

① 自分がyhさんのことをいまだに掴めない部分があったからです。yhさん自体どういう方かというのはなんとなく動画や個チャンを見てわかっています。だけどまだ何か自分の知らないyhさんがいるのではないかと畑等をを見て思うことがあり、そういう可能性を小説で書いてみたかったからです。あとyhさん自体がどういう人か知りたくなってしまう魅力があるのかなと思ったため。

②今回の作品は自分の感情や性格を反映させています。これは、①の話と繋がっていますが、もしかしたらyhさんは自分と似ているところがあるのではないか、みたいなことを考えたから。

以上の2つです。

3つ目、題名『無題の甘』に関して、これは

① 相手役のyhさんへの接し方(独占したいと思っていたことへの罪滅ぼし )

② 相手役にはyhさんに対する恋心や愛(優越感、独占、支配)がありました。しかし、それが酷く醜いものであることがわかり、生まれ変わるために1回yhさんに対する愛(独占欲等)を捨て(この場合yhさんへの独占欲という『名前』を捨てる)、名前のない状態にして、罪滅ぼしをしていく上で、yhさんに対する愛をもう一度考え直す、(名前を付け直す)その途中の状態を表している。

以上の2つです。


補足はこれで終わりです。改めて作品を見ていただきありがとうございました。それでは

プリ小説オーディオドラマ