無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

センスpart1
藤枝先生
あなたさんは、素晴らしい才能の持ち主です。
しかし、皆さんも選ばれし者である以上、才能があります。
あなたさんに追いつくためには、センスを磨く必要がありますよ。
意識して練習するように。
全員
はい‼︎
シルク
センス磨くってどーいう事だ?
ユリア
努力する!
ダーマ
努力って言葉、お前に似合わねーな。
ユリア
その言葉、そのままあなたにお返しします。
ダーマ
俺はちゃんと努力してるよ‼︎
@小豆
はい、ストーップ!
この二人の喧嘩長引くから、後にしてよ。
とにかく、今は練習するだけだよ!
あなた

ひっ

ユリア
あなた、どーした?
あなた

や、あれ見て

モトキ
意識して練習、意識して練習、意識して練習、、、、、
マサイ
センスを磨く、センスを磨く、センスを磨く、、、、、、
ユリア
っ、真面目組二人が、
@小豆
ヤバイね。
シルク
おい、お前ら気合い入れすぎんなよ。
ダーマ
ただやる事やるだけだし。
マサイ
おう!
モトキ
うん!
あなた

さっすが幼なじみ、やるじゃん!

前の私とユリアみたい。
@小豆
、、、
あなた

あーずー、どーした?

@小豆
なんでもないよ!
あなた

ふーん