無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
ユリア
あなた、あなた!
あなた

ん、、ユリア?

ユリア
気が付いた?
あなた

私たち森の中で倒れて、ってここどこ⁈

ユリア
私にも分からないんだよね。
あなた

何か見たことないものばっかだね

ユリア
確かに言われてみれば
フィッシャーズ
すいません、ここどこか知りませんか?
あなた

ごめんなさい、私たちにも分からないんです

ユリア
そしたら、分からない者同士、協力しない?
フィッシャーズ
そしたら、自己紹介しないとな。
シルク
俺はシルク。
イメージカラーは赤。
よろしくな!
マサイ
俺はマサイ。
機械系が得意。
よろしく
モトキ
俺はモトキ。
料理は得意です。
よろしくね
ダーマ
俺はダーマ。
ギャグには自信がある
ユリア
えっと、うちはユリア。
呼び捨て&タメでよろしく!
あなた

私はあなた。趣味は読書です。

フィッシャーズ
これからよろしくな!
あなた

うん!

ユリア
さてと、自己紹介も済んだことだし、探索にでも行かない?
全員
賛成!
ユリア
じゃ、行こう!
第2話へ続く
作者
この小説、どうでしたか?
こんな、語彙力がない小説に付き合ってくださってありがとうございます😊
これからも読んでくれると嬉しいです。