無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

魔法の世界⁉︎
ユリア
何か、変わった物ばっか。
あなた

ほんと、ここどこなのかも分からないしね。

モトキ
まぁまぁ、そう言わずにポジティブに考えようよ
マサイ
綺麗な物も沢山あって、写真撮りたくなるしな
ダーマ
それはお前だけだよ!
シルク
まぁ、とりあえず進もうぜ
15分後、、
クリスティーナ先生
皆さん、入学式に遅れますよ!
ほら急いで、一年生はあっちですよ
全員
入学式ってどう言う事!?
ユリア
と言うかあなた誰?
クリスティーナ先生
そんなことより、早く行きなさい!
仕方なく付いていくと、
@小豆
あなた達が、話題の人間界から来た子達ね!
ユリア
人間界から来たも何も、ここは人間界でしょ?
@小豆
はぁーそうだった、知らないのね。
@小豆
よく聞いてね、ここは、魔法界 つまり魔法の世界なの。
全員
はぁー⁉︎
シルク
うそだろ⁉︎
@小豆
本当よ。
ほら
魔法を見せる
あなた

ヤバっ ねぇユリア、これ本当なんじゃない?

ユリア
多分、ね。
マサイ
なぁそれって俺らにも使えんの?
@小豆
そうよ  あなた達は選ばれた者だもの。
ダーマ
選ばれた者ってどう言う事なんだよ
@小豆
あなた達に魔法の才能があるから、この学校に行かせる為に連れて来られたのよ。
あなた

じゃあここは魔法の学校なの?

@小豆
そうよ。
モトキ
魔法ってどうやってやるの?
@小豆
その為には、杖が必要なの
ユリア
杖なんてないけど?
@小豆
大丈夫、寮生活は明後日からだから、明日買いに行くといいわ
@小豆
良ければ案内するわよ
マサイ
よろしくな!
第3話に続く。
作者
どうも、作者の瑞稀です。