無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

フェアじゃない×SM
スン
スン
今度のテストで
勝負しない?
you.
you.
勝負?
キムスンミンは学校の仲の良い男友達。
きっとスンミンも私のことを仲の良い
女友達だと思ってる。

スン
スン
点数勝負♪
you.
you.
えー、、
なに賭ける?
だけどそう思ってるのはスンミンだけだよ。
私はずっと前からスンミンのことが好き。

1人の男の子として大好き。
スン
スン
勝ったほうの言うこと
なんでも一個聞くとか?
you.
you.
え〜、、
ま、いっか
you.
you.
どうせお菓子買ってとか
マックおごってとかでしょ?
you.
you.
あ〜
私が勝ったら何おごって
もらおうかな〜
やっぱチキン?ラーメンもいいなぁ。。
スン
スン
食べ物しかないの?
そう言って
あなたは食いしん坊だ、って 
呆れて笑う顔が好き。
スン
スン
あ、もう暗くなるね。
帰ろうか。
you.
you.
あ、うん、じゃあまた明日
スン
スン
駅まで行くよー
you.
you.
え、だって私と
方向逆じゃん、いいよ。
スン
スン
ダメだよ〜
スン
スン
あなたは女の子なんだから。
スン
スン
何かあったらどうするの?
スン
スン
一緒に駅まで行こう。
you.
you.
あ、りがとっ
こうやってたまに女の子扱いしてくれるから
ドキドキしてどんどん好きになっちゃう。

私のことをもっと女の子として
みてくれたら嬉しいのに。

友達も楽しいけど、いつかは彼女になりたいな。
スンミンにとっての特別になりたい。

好きな人がいたら誰でも思うことだよね。
you.
you.
スンミニに勝つために
勉強しないとなぁ。
スン
スン
あなたには
負けないよ〜
you.
you.
あ、あの映画始まってるんだ。
スン
スン
映画?
you.
you.
ほら、あの看板の
公開前から話題になっていたラブストーリー。
予告をみたけど結構面白そうだった。

私が指差した広告のポスターをじっと
みるスンミン。
スン
スン
あなたも
あぁいう映画みるの?
you.
you.
恋愛ものってこと?
そりゃ、見るよ。
ロマンチックなの、憧れるじゃん。
スン
スン
へぇ〜
スン
スン
意外。
あなたは
アクションばっかり見てそう。
you.
you.
えっ
スンミニは私のこと
ホント男だと思ってないっ?
you.
you.
しつれい〜
スン
スン
そんなことないんだけど、
なんかイメージで。
スン
スン
あなたは女の子だよ〜
you.
you.
えっ、そう?
改めて言われるとちょっと恥ずかしい。
スン
スン
よく食べる女の子〜
食いしん坊〜
you.
you.
もうっ
you.
you.
からかって〜
you.
you.
よしっ決めた!
そこまで言うなら
テストで勝ったら
ハンバーガー10個おごって
もらうからっ!
スン
スン
あなたなら全部食べれそう..
you.
you.
むー!













.
you.
you.
ま、負けたっ
you.
you.
3点差...
スン
スン
やった〜
スン
スン
頑張ってよかった♪
テストの結果が出た放課後。
私たちは点数を発表し合った。


you.
you.
くっ
you.
you.
悔しいけど負けは負け!
スンミニ何が食べたい?
スン
スン
食べ物限定なの?
you.
you.
いや、違うけど。
何かある?
スン
スン
、、じゃあ付き合って。
you.
you.
うん、どこに?
スン
スン
僕と。
you.
you.
うん、一緒にどこ行く?
スン
スン
、、、ちょっと違うんだけど。
you.
you.
何が?
スン
スン
まぁ、、
、、まずはコレかな
そう言ってスンミンが取り出したのは
見たかったあの映画のチケットだった。
you.
you.
えっコレ
スン
スン
その後はハンバーガー
食べにいこう
you.
you.
、、お願いは一個だよ?
スン
スン
これはお願いじゃないよ?
you.
you.
??
じゃあお願いはなんなの?
スン
スン
だから
スン
スン
僕と付き合って。
you.
you.
だから、映画に、、
え?付き合う、、?
スン
スン
そう
スン
スン
僕の彼女になって。
you.
you.
えっ!
スン
スン
答えは付き合うしかないんだよ。
you.
you.
えっ?
何?どういうこと?
スン
スン
あなたは僕のこと好きじゃん。
you.
you.
えっ?えっ?
スン
スン
バレてるよ、僕といるときの
あなた、可愛いもん。
you.
you.
えっ、えっ
人間驚くと言葉なんか出ない。
文章も単語すらも出てこないんだ。
you.
you.
な、、スンミンの気持ちは、、?
やっとの事で言葉を吐き出した。
スン
スン
聞きたい?
you.
you.
うん。
スン
スン
次の英語の小テストで
僕に勝ったら言うよ。
you.
you.
えっ
それはフェアじゃない。
スンミンは英語得意じゃん。


you.
you.
、、スンミニが勝ったら?
スン
スン
キスでももらおうかな?
you.
you.
、、!
そうイタズラに笑った顔はすでに
勝ち誇っていた。


もうこんなの最初から私の負けじゃん。


スン
スン
さ、そろそろ帰ろうか?
そう言って私の手に触れる。


こんなのぜんぜんフェアじゃない。

.