無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第133話

ラウール目線


僕はふっかさんに紙袋を渡されて、中身を見たらさっき来たサンタの衣装だった


ふっかさんからまた見たいと言われ着替えてくることにした
ラウール
ラウール
は、恥ずかしいな/////こ、これも履くの/////
サンタの衣装とは別に女の子用の下着も用意されていた
ラウール
ラウール
しかも上と下セットって////
深澤辰哉
深澤辰哉
まだぁーーーー???
リビングからふっかさんの大きな声が聞こえた



僕が着替えに行ってまだそんなに経ってない



どんだけ僕のサンタ姿みたいの/////
ラウール
ラウール
まだーー!
僕は、リビングにいるふっかさんに叫び返した
早く僕のサンタ姿を見たいのかリビング中を歩き回る音が聞こえだした



リビングから少し離れてるけど、ここからでも分かる



少しは落ち着いてよ‪w



そんなところ可愛いな…
ラウール
ラウール
はぁ、恥ずかしいけど着替えるしかないよね
僕は、渡された衣装に着替え始めた