無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

過去
10月30日。
私は勇太と玄樹と一緒に事務所に入った。

私は、女の子なのにジャニーズに憧れて2人と履歴書を送った。

なぜか受かって事務所に入所した。
勇太
あなた〜!
あなた

なに?

勇太
これからレッスン頑張ろうね!
あなた

うん

そこから私達はレッスンをすっごく頑張った。
そして、世間からは

神宮寺勇太のじんと野崎あなたののざで
じぐのざコンビとして多少は注目されていた。
そして、徐々に2人で売れていって、
次デビューするのは2人かなって感じになってた

なのに、

2015年、、

勇太と玄樹それと、、岸とかいうやつで

Prince

になりやがった
私は泣いた
あなた

悪いのは勇太じゃない、、
決めたのは社長、、

そう言い聞かせても言い聞かせても、、、

悲しいのは変わらなかった、、、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぺんちゃん
ぺんちゃん
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る