第138話

138
158
2022/08/27 13:49
あなたside
翔陽君が、どんどん研磨の策に嵌っていく。



“飛べない“という焦りと苛立ちから、“近道“を探して逃げようとする。

そうすれば、烏野全体が崩れていく。
実況
離されたくない崖っぷち烏野。
落ちついてサイドアウトをとっています。


翔陽君が入るタイミングで、蛍君と菅原さんが交替した。
菅原さんが入ると、チーム全体の士気が上がっちゃうんだよね...。



斉藤 (なまえ)
斉藤 あなた
えっ...?



飛雄君が下がった。



攻撃に入るつもりだ...。
そうなると、攻撃は5枚...!?
こんなに攻撃できる人がいると、翔陽君の助走距離も確保される。
だけど打つのは。

実況
ライトからセッター影山、
スパイクも強烈ー!!
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
フォロー!!




夜久さんが床に着きそうなボールを、急いでフォローした。

だけど、返すだけになっちゃった。
今度こそ、翔陽君に助走距離を確保された。
研磨がボールを烏野に返す。


そのボールを、翔陽君が手を伸ばしてレシーブした。



斉藤 (なまえ)
斉藤 あなた
翔陽君、やっぱりすごく“動く“...!
フリじゃなく、本気で。



翔陽君は万全な状態じゃなくても打ってくる時がある。



が、上げられたボールは田中さんだった。
日向翔陽
日向翔陽
チャンスボォォール!!!
菅原孝支
菅原孝支
オーライ!
山本猛虎
山本猛虎
来いやァアア!!!




翔陽君の助走距離が確保された時、足元がつるっと滑った。

斉藤 (なまえ)
斉藤 あなた
汗...!


これだと、翔陽君は攻撃に入れない。
田中さんが打ったスパイクを、リエーフが止めてブレイクを阻止した。


だけど...。
よりによって、このタイミングで...。















✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
♡と☆お願いです!


プリ小説オーディオドラマ