無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

幻想世界2
私side
あなた

懐かしいな…幻想郷…ふふwもうちょっとだけ、夢見たかったなぁww

あなた

でも…もういいんだ。私はとっても幸せだった…
もう、大丈夫…

あなた

私の〈大好き〉は、もうここでおしまい

博麗霊夢
博麗霊夢
あんた…なにぶつぶつ言ってんの?
私はある女の人に声かけられてしまった。
まぁそりゃあそうだ。
1人座りながら独り言言ってたら誰でも不思議に思うだろう
天国とはいえやっぱりそこら辺は変わらないのか…
いい機会だ。
ここで道を聞いてさっさと天国へ行こう…
あなた

あ。え。すみません…!あのここどこで……

私は驚愕した。
だって私の目の前に立っていたのは
あの…幻想郷にあるはずの
博麗霊夢 だったから