無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

過去話−グループ−
瑞稀)お前そこまで溜め込んで爆発すんじゃねぇよ

湯浅)グスッ…ごめん

橋本)なんで言わなかったの?

湯浅)だって言えないんだもん

猪狩)言えない?

湯浅)言ったところでもっとひどくなると…グスッ…思った…泣
瑞稀はずっと泣いてるあなたの背中を撫でながら話していた
優斗)別にひどくさせねぇよ。俺ら全力で守るから

橋本)言ってたやつ片っ端から殴るから

猪狩)作ちゃんがね

作間)俺!?笑笑
なんてすごく沈んでいた心を軽くしてくれるのも結局このグループなんだなぁって思った
瑞稀)ねぇ、もうお酒飲まないって守ってくれる?

湯浅)どうだろ…

優斗)がち?

湯浅)嘘だよ笑 守るよ笑

瑞稀)じゃあさ一応俺からのお願いで隣の人にこの事ちゃんと言お?不安だから

湯浅)…

橋本)これは言っといたほうがいいかもね

猪狩)念には念をてきな?

湯浅)…わかった
隣のお兄ちゃんのところに行くと出てきたのはやっぱりお兄ちゃんだった

瑞稀たちが説明してくれている

その間に何度もびっくりしたり、謝っていた

最終的に「気づかなくて本当にごめんね」

なんて言ってくれた

絶対に謝るべきはあなたなのに

ずっと申し訳なさそうに謝ってくれていた
瑞稀)もう絶対だめだかんな?

湯浅)はい!!!!!

橋本)本当にわかってんのかねぇ

湯浅)わかってる!!!!!

優斗)じゃあもしもすごくイライラしたりしたらどうすんの?

湯浅)みんなに言う!!!!!

作間)みんなに言わなかったらどうなるかわかってるよね?

湯浅)すごく怒られる!!!!!

猪狩)特に誰に?

湯浅)瑞稀に!!!!!

瑞稀)なんか俺が性格悪いみたいじゃねぇかwwww
湯浅)ねぇてかなんで瑞稀あなたがお酒飲んでるのわかったの?

瑞稀)秘密

湯浅)無理教えて

瑞稀)俺のお母さんとお前のお母さん友達でしょ?それでお前のお母さんが最近あなたが部屋に閉じこもりっぱなしとかいろいろ隠してることがあるとか言って不安なことを言ったんだって。それで俺が派遣された

作間)おー。あとでお母さんにも謝んなきゃね

湯浅)うん。ほんとにそうだけど超気まずいもん

瑞稀)は?お前俺がここまでやってやったのになんなんだよ笑笑

湯浅)嘘!!!!!ちゃんと言いまーす