無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

夏の気合い入れ
猪狩side
湯浅)やほいやほい
やほいやほいじゃねーよ

って思いながらあなたの方を向いたら
みんな)えーーーーーー!!!!!

湯浅)え、やっぱり変?

みんな)…

湯浅)そうゆう時だけ変に一致団結すんのやめてもらっていいですか??!
この状況ね

あなたって髪の毛の長さが前までは肩について、少し結べるくらいだったの

だけどまさかの髪の毛を顎くらいのボブ!!

そこまではいいんだよ、うんそこまでは
優斗)か、髪切ったね

湯浅)えー、それだけ??

橋本)俺も、似合ってるからいいと思う

瑞稀)うん

猪狩)すごくいいね

作間)なんで金髪にしたのー??

湯浅)金髪メッシュってかっこよくない?

猪狩)わかるーーー

優斗)学校大丈夫なの?

湯浅)夏休みだけだし。9/1くらいにはまた黒にするー

橋本)俺も夏休みだけしてたし

湯浅)そう!はしもっちゃんみたいにサマステの時だけ髪染めるってのしたかったの!!!!!それと気合い入るじゃん

瑞稀)サマステに気合い入れんのね笑

湯浅)そう!超頑張りますー

作間)すごい印象変わるね

湯浅)まじ??

作間)まぁ可愛いし似合ってるからいいじゃん

湯浅)作ちゃん好き

橋本)俺も似合うと思う!!

湯浅)はしもっちゃん、さっきも聞いた。でも好き

橋本)っしゃ!!!!!
七瀬)あなたいるー??

湯浅)はぁい

七瀬)てかは!?お前染めたの!?

湯浅)そうですー

七瀬)まじかー

湯浅)え、染めちゃダメだった感じですか!?

七瀬)別にそんなことはないけど笑

湯浅)びびったー笑

猪狩)俺も自分じゃないけど一瞬え!?てなった笑

七瀬)ねぇモデルの仕事来てるけどどうする??

湯浅)やるー!!

七瀬)じゃあ言っとくねー
てことで夏も金髪湯浅頑張りまーす