無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

サマステ レポ
@_____

MCに入ってはしみずゆあ着替えるために裏に行ってから出る時ゆあがなかなか出てこなかったの。そしたら靴下のままでてきてwwww
湯浅)ねね、靴ないんだけど!!
て言ってて
優斗)絶対あるだろwwwwもう一回見てこいよw
て言ったあとはしもっちゃんが持ってるっていういじりwwww
@_____

はしもっちゃんが裏から出る時に手に持ったままでてきてた!!
それであなたがもう一回探すって言って裏行った時にこっそーり前に出すっていう笑
@_____

もう一回ここステージに来たあなたがやっぱりないって文句言ってんの。それでもぞもぞしたはしもっちゃんに気づいた時の顔が超可愛かったwwwwはぁぁぁぁぁっ!みたいな顔してだけどすぐに笑顔に戻るwwww
@_____

湯「それあなたのじゃん」
橋「え、そう?」
湯「ねぇ今あなた履く靴ないんだけど!!!」
橋「あの、ローラーができるんですよね??ローラーシューズ履けばよくないですか??」
湯「ローラーばっかりやってらんないから今普通の靴が欲しいの!!返してって言ってるでしょ!!!!!」

の流れ最高すぎた爆笑
@_____

今回の公演は前髪ポンパだったあなた
超かわいい
@_____

金髪メッシュがポンパするとあんなにかわいいんだねおっけい
@_____

ちょさ、やばい!誰か聞いて!!
ゆあがバルコの上で情熱ジャンボリータオル回しながらやってたから踊ってないわけじゃん。その時に「情熱かましてジャンジャボリー」て流れてきて小さく腕を振った(?)の。そしたらそれに気づいたあなたがこの険しい〜のところで照れ臭そうに笑ってから一緒にやってくれた!!!!!おにかわでした!!!!!
@_____

MC 水を飲むあなた

湯「(飲む)」
ファン「きゃーーーー!!!」
湯「これどこがいいの?」
優「わかんねぇwwww」
瑞「これつまりさ俺らは水飲まないって思われてるってこと?」
湯「それは作ちゃんだけだから。作ちゃん以外のみんなは水飲むよ??だからきゃーって言っていいのも作ちゃんの時」




猪「じゃあちょっと作間さん飲んでみてください」
作「(飲む)
ファン「きゃーーーーー!!」
湯「ん、よろしくて(ニコッ)」
優「誰目線だよwwww」
@_____

生で見る湯浅あなた細すぎる
@_____

あなたソロ青いベンチ!!!!!
マジで声綺麗!!!
@_____

あなたダンス系じゃないからあれ生歌っぽい
@_____

あれはやばい。最後の「この声が枯れるくらいに」から「どこにいてもなにをしてても」までのところアカペラみたいな感じなんだけど、すごい綺麗に歌ってて本当に感動だった
@_____

みじゅのダンスすごかったけど本当に怖かった
@_____

あなたからファンサもらいたくて
バルコ来たとき超アピールしてたらまさかの指差しもらいました〜〜〜
@_____

前にいた男子高校生二人組(?)がユア担だったの
それでステージから結構遠いのに手振ったら手振ってもらえてたの!!
それだけで終わりかと思ってたら
バルコ来た時に今度はゆあから手振ってた!!!()
なに好きじゃん!!!!!!
@_____

MCの時にさくゆあおんぶで登場!!!!!
@_____

優斗「チャハッ笑 作間さんなにやってんすか笑」
作間「ちょっとそこらへんに落ちてたから拾ってきました〜〜」
瑞稀「えー、ずいぶん大きな落し物だったね!」
猪狩「よく拾おうと思ったね。俺絶対いらないわ」
HiHi「俺も〜」
湯浅「あなたもお前らに拾われたくないわ」

くっそわろたwwww
@_____

なかなかゆあが下ろしてもらえない時に作ちゃんの背中めっちゃバシバシ叩いてて、作ちゃんも痛い〜みたいな感じでカレカノ感ありまくり〜〜〜
@_____

作ちゃんのおろし方もボトッて下ろすんじゃなくて作ちゃん自身も屈んで下ろしてたのまじでイケメン
@_____

2人の空気感はやばかったね今日
どうしちゃったのさくゆあ
@_____

今日スタンディングのところでちょっと埋もれちゃいそうな小さな女の子がいたの。しかもその子まだ小学生くらいで。そしたらステージにいたあなたが「ねぇちょっとwwwwそこの子埋もれそうだよwwww助けてあげて!!」
って笑いながらだったけど言ってたのまじでかっこいい
@_____

埋もれていた子を助けたあなたに対して
猪狩「ふー!!イケメン!!!」
橋本「さすが!!」
優斗「さすが湯浅あなた!!」
作間「なんでもできるやつ!!!!」
瑞稀「よ!男の中の男!!」
湯浅「1人意味わかんねぇやついる」