無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

過去話−入所直後−
異例の入所をして1週間後

稽古があるから行くことになった

とりあえずお母さんと一緒に行った
ジャニー)待ってたよ

お母さん)あ、どうも、湯浅あなたの母です

ジャニー)YOUがあなただね?

湯浅)はい!

ジャニー)こっちに来なさい
ついていき部屋に入ると男の子だらけの空間

みんな一生懸命鏡に向かって踊っていた

近くの椅子に座ってその日は見て終了

明日は動きやすい格好をしてきて

そう言われ帰った
次の日から一緒に稽古をし始めた

やっぱり初めは髪型もショートだしサッカーの時みたいな服装してたから男子と間違えられて話しかけられることも多かった
??)よろしく

湯浅)お、お願いします

橋本)おれ橋本涼!
1番はじめに声をかけてくれたのがはしもっちゃん
橋本)名前は?

湯浅)湯浅あなたです

橋本)あなた?男?

湯浅)女…

橋本)え!?女なの!?!?
まぁそりゃあそうなるわ

でそこからぎゃーぎゃー言われて

「なんで入れたの?」

「嫌じゃないの?」

「ついていけなくね?」

「男だと思ってた」

いろいろ言われて質問に答えるにも限界があるわけで
「なんで入れたの?」

なんて私が1番知りたいわ

「スカウト?履歴書送った?」

電車で席譲っただけです←

「なんで女なの」

生まれ持ったものから否定します????wwww

「体力あんの?」

んなもん知らんわ

「コネ?」

小3の私の頭の中にはコネという意味がわかりません()

「やめといたほうがいいんじゃない?」

ジャニーさんからの電話しつこかったんですけど!?!?
あー疲れる

小3だったから周りの人は年齢がほとんどの人が上

高校生の人とかもいて髪染めてる人とかもいっぱい

もう早く帰りたすぎるよほんとに
それで帰るんだけど

親に暗いから迎えにいくねって言われてキッズ携帯で終わったよ!とだけ連絡するとお父さんから俺が迎えにいくから待ってて

そう言われて待っていた

だけどその時も質問攻め
お父さん)あなた?

湯浅)あ!来た!あ、親来たので失礼します!!!
急いで車に乗り込む

お母さんは今お腹の中に3人目の赤ちゃんがいるから行けないらしい

だからお父さんなのか

納得←
そしてそれからもこうやってみんなから色々聞かれた

結構長い期間ずっと聞かれてたなぁ笑

同じ質問にもたくさん答えたし笑