無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

過去話−グループ加入後−
グループに加入してから少クラに出る機会も増えた

だけどそれと共にやってくるアンチ

うちわに色々書かれてたりした

ファンレターも送られてきて、良い内容のものは1割あるかないか

残りは全てアンチだった

それで中学1年生にして精神的に病みそうになったからジャニーズから一度離れようと

レッスンを無断欠席していた

学校では普通に友達と話したり仲良くしていた

そんなある日

学校が終わり家に帰ってきた
橋本)おかえりー

瑞稀)やっときた

湯浅)え!なんでいるんですか?

優斗)瑞稀くんのお母さんとあなたちゃんのお母さん友達になったらしい

湯浅)そうですか

橋本)今からご飯食べに行くからね

湯浅)え、どこのですか?

橋本)サイゼ

湯浅)そうですか

猪狩)お前も一緒だから

湯浅)え、なんでですか

瑞稀)来ない理由聞くため

湯浅)別に行かなくてもよくないですか?笑
それと理由なんて別にないんで

橋本)まぁとりあえず食べに行くよ俺もう腹減ったから

湯浅)でもあなたのお母さんもう準備してくれてるんで

お母さん)あなた行ってきなよ、お金ちゃんと渡しとくから
なんて部屋の外からずっと聴いてたかのようにタイミングよく言った
橋本)はい、てことで行くよ
制服のまま外に出てサイゼリヤへ向かう

すごいめんどくさいしなんで行かなきゃいけないの…

サイゼリヤに着いて

涼 湯 優
猪 井

の順で座る
優斗)で、えーっと、なんで来ないの

瑞稀)てかまじでなんなの、グループに入るってなって来なくなるとかありえない

湯浅)別にあなただって行きたくなくて行ってないわけじゃないですよ

橋本)なんで?

湯浅)ていうか、これでいいんですよ。
あなたが前にザ少年倶楽部でこのグループに入るって公表してからファンレターが届いたんですけど、9割アンチでしたよ?しかもこのグループにもあなたに入ってほしくないっていう人いるじゃないですか。ならこれでウィンウィンだと思いません?

橋本)俺はーウィンウィンじゃないんだけど

優斗)俺もー

湯浅)明らかにウィンウィンですよ笑
グループの半分の人が入ってほしくないって感じなんですよ?それでファンの方や、他のグループのファンの方も入ってほしくないって言ってるんだったら入んない方がいいじゃないですか

猪狩)いや、なんかそれはじゃあごめん

湯浅)?

猪狩)別に入ってほしくないんじゃなくてただ…

優斗)ちゃんと言えって

猪狩)本当にごめん。別にあれ本心じゃないし、あの時は普通にイライラしてる時だった

瑞稀)俺もごめん。俺らちょうどあの時レッスンで俺らだけ注意されてすごいイライラしてた時に急に入るってなって、すんごいイライラしてた。本当にごめん

湯浅)いや笑 え?

橋本)て感じなの。俺らの本心は

優斗)チャハッ笑 全然わかんねぇよ笑

湯浅)いや、あの、でも別にこっちは戻りたいなとか全然思っていないので…別に大丈夫です

瑞稀)なんで?別に俺らがちゃんとレッスンに来てほしいなって思ってるわけだからファンの人とかはどうでも良いの

猪狩)もし他になんかあるなら今ちゃんと言って

湯浅)…特にありません
優斗)じゃあさ、なんか呼び方とか変えない?

橋本)急だな笑

優斗)みんなあなたちゃんのことあなたちゃんて呼んでるよね?

橋本)俺はそう

優斗)あなたって呼び捨てにしよ、いい?

湯浅)別にどっちでもいいです

橋本)俺のことなんて呼んでる?

湯浅)涼くんです

橋本)はしもっちゃんにしよ

優斗)俺も優斗とかがいい

湯浅)…わかりました

猪狩)俺のことなんて呼んでんの?

湯浅)…呼んだことないと思います

瑞稀)同じグループなのにね笑 多分俺もだけど

優斗)あとタメね!ちゃんとタメでいこ!

湯浅)はい

優斗)だから!!笑

湯浅)あ、うん
その後もいろんな話をしたりしてお店を出た
猪狩)明日レッスンあるから。ちゃんと来てよ?

瑞稀)みんな待ってるから

優斗)俺ら以外の人も

橋本)ジャニーさんとか特にそうなんじゃない?

猪狩)じゃあ明日絶対こいよ!
そして家に帰った




































次の日
ジャニー)あ、YOU勝手に休んでたみたいだね?

湯浅)あーすいません

猪狩)あ、あなたいたー

瑞稀)相変わらず優斗だけ遅いから先行ってよ

ジャニー)仲良くなったのか。よかった

湯浅)まぁ、はい笑

ジャニー)じゃ、これからも頑張ってね
この言葉を絶対に裏切らないようにしよう

そう決めて久しぶりにレッスンに参加した