無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

アンコール
作間side
今日もサマステ

すごく楽しくてもうあと残り少ないのが本当に名残惜しく感じちゃう

はじめの方にもっといろんなこと話せばよかったって後悔もしたりする笑
それで1番最後もう終わったと見せかけてアンコールをしてくれるファンの子たち

アンコール!アンコール!

て言ってくれる人もいれば

HiHi Jets!HiHi Jets!

て言ってくれる子もいる

統一してくれたらいいなぁなんて高望みだけどね笑
猪狩)そろそろ?

優斗)じゃね?

瑞稀)じゃあいこっか
なんて言って最後の音を流してもらおうと頼んだ時
ファン)湯浅あなたは明日辞めます!!!!!

ファン)はいはい!
超大きな声で言った人がいた

しかも俺らの最後の真似してる

ファンの子も驚きで固まっているか

え、誰?

みたいなことを小声で言ってる子もいる

こっちからは幕が下がってて誰が言ったかなんて見えない

それで5人は超困惑しててみんな目線で合図(?)し合っているかもしれないしただそこで固まっているかもしれない

あなたはただそこで固まっていた

だけどさっき音流すように頼んじゃったから

歌いたくなくても歌うしか選択肢はない

幕が上がるとすぐに言ったと思われる子がわかった

だってその子の周りだけすごいざわざわしてて

その子は浮いてて

ずっと

「みじゅみじゅみじゅ!!!!!」

「りょーくん!りょーくん!」

なんて叫んでるから笑

はしみずのファンだよね?

はしみずの2人はすごい顔が暗くなってて

瑞稀くんはその人のこと睨んでるんだけど

そのファンは頭がおかしいから自分の方を見てくれてる

ファンサの1つだって思ってるっぽい
まぁなんだかんだで気持ちがこもっていないyes!を歌い終わった

いつもはちょっとだけ話す時間があるんだけど誰も口を開こうとしない

優斗もいつもすぐ喋ってくれるはずなのに黙ったまま

がりさんも喋らない

はしみずはただただ下を向くかそのファンを睨むか

あなたはメンバーを真顔で見てる

俺は…なにもできてないほんとに
湯浅)えーっと、ごめんなさい!ちょっと話したいことあるからいいですかー!!!!!

湯浅)さっきアンコールしてくれたからもう一度今日このステージ立つことができました!

湯浅)本当にありがとうございます!
はじめに出てきた言葉は感謝だった

ファンの子にすごい辛いことを言われても絶対暗いような雰囲気にしないあなた
湯浅)さっき裏側で湯浅あなたは明日やめますみたいなことが聞こえました

湯浅)ちなみに明日はやめないよ??笑笑

湯浅)ちょっと堅い話するけど聞いてください

湯浅)この職業は自分から辞めようとするか会社側から辞めなさいと言われたらやめることのできる職業です。だからみんなが辞めてほしいって思ってもあなたが希望しなかったらあなたはここにずっといることができます
すごく真面目に話すあなたに会場全体があなたを見る
湯浅)だからここであなたに辞めて欲しくても辞めません。

湯浅)だけどみんなが頑張ればあなたを辞めさせる方法があります

湯浅)それは事務所宛に手紙を書いたりすることです。湯浅あなたがここにいるべき人間ではないということを事務所側にわからせたらあなたはきっと辞めさせられるでしょう。だけど10枚程度とかじゃ足りないと思います。何千枚とたくさん送って初めて目を通してもらえると思います

湯浅)だからどうしても辞めさせたいならそうやってたくさん手紙を書いてください
ほんとに高校1年生かなって思うくらいハキハキと喋るあなた

語彙力はちょっとないかもしれないけど一生懸命話しているあなたに

横から口を挟む人はいない
湯浅)だけどここで考えてみてください。

湯浅)何千枚と書く枚数にお金をかけたり郵送費に何千円とお金をかけて。そのただただあなたを辞めさせる手紙を書いている時間を今みなさんが応援している人に使うべきだと思いませんか?

湯浅)そんなくだらないことに手紙とかお金とか時間をかけるならば幸せになってもらったり自分が幸せになるためにみじゅとかりょーくんに手紙とかお金とか時間をかけるのが正しいと思いますよ??

湯浅)これでも私を辞めさせたいと思って無駄な時間を作ってでもあなたを辞めさせたいならもう勝手にしてください

湯浅)時間ありがとうございました
これには言っていた本人たちも驚いている

いや俺らも驚きだから笑笑
湯浅)てことで最後!みなみなサマー!!!
なんて会場の切り替えもバッチリで

俺含めメンバー全員が笑顔を取り戻せた

優斗はあなたのこと超笑顔で見ながら歌っててはしもっちゃんもアイドルって感じ

瑞稀くんはまだ超激おこっぽいけどとりあえずのアイドルスマイル

がりさんはいつも通りになってる
それでなんとか

最後まで終わらせられた