無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

お泊り
作間side
今日は急遽決まった湯浅家でのお泊り

去年もこんな感じで過ごしたなぁって

サマステ終わった後直行で向かう
湯浅)ただいまー

瑞稀)お邪魔しまーす

橋本)失礼しまーす

猪狩作間)お邪魔しまーす

優斗)お邪魔しまーす

湯浅)邪魔するなら帰ってくださーい

優斗)邪魔しませーん

猪狩)わっ!優斗他人家入るとき邪魔しませーんって言うの!?

作間)新しいね

優斗)ちょっとまって笑 あなたが邪魔するなら帰ってって言ったから邪魔しませーんって誓ったのに笑

瑞稀)優斗必死笑
ある程度優斗をいじったところで
湯浅)そこらへんに荷物置いといてね

瑞稀)おっけ

湯浅)あとお風呂沸かす?

橋本)俺夏は入らないタイプー

猪狩)俺もー

瑞稀)俺も暑いから

湯浅)じゃあ沸かさなくていっか

橋本)あなたちゃん一緒に入ろうね♡

湯浅)ちょっとなに言ってるかわからないかな♡

作間)あなたちゃん一緒に入ろうね♡

湯浅)そうだね!一緒に入ろうね♡

優斗)おい!笑

猪狩)ダメだろ笑

瑞稀)じゃああなたちゃん俺とも一緒に入ろうね

湯浅)あなたちゃんそんなにお風呂はいったら皮膚ふやふやになっちゃうな
なんてどうでもいい茶番をしてお風呂に入る

さきにはしもっちゃんとゆうぴとがりさんが一緒で

その後に

俺と瑞稀くん

その間にあなたがご飯を作っておいてくれるらしい

一緒に買い物をしてから帰ったんだけど

具材的に今日の夜はカレーかな?
瑞稀)あなた?

湯浅)ん?

瑞稀)今日の夜はカレー?

湯浅)そうだよ。カレー食べたくなっちゃった笑

作間)カレー食べたくなる時ってすごい疲れてる時なんだって

湯浅)えーまじか

作間)てことで!あとは俺と瑞稀くんでやるからとりあえずあの3人が出たらお風呂入ってきな?

湯浅)それは大丈夫だよありがと
なんて話してたらちょうど3人とも出たらしい
湯浅)あ、バスタオルちゃんと出してた?

猪狩)え、洗濯機の上にそのままあったよ

湯浅)あれ、誰が出してくれたんだろ

優斗)お母さんとかじゃない?

橋本)俺らもともと置いてあったからいつも使ってるやつ使った

猪狩)次作ちゃんたちだよね?入って来なよ

作間)あー、あなたが疲れてるから先に入ってもらう

橋本)まじ?どうしたの

瑞稀)いや、ただの作ちゃん理論でカレーが食べたい時は疲れているって言う証拠なんだって

優斗)早く入って来なよあなた

橋本)俺らちゃんと作っとくから

湯浅)いや、涼くん安心して任せられないんだけど

優斗)チャハッ笑 言われてんじゃんwwww

橋本)大丈夫だから!!
そしてしぶしぶお風呂に入ってくれた
猪狩)あなたそんな疲れてたんだね

作間)なんか前お母さんが言ってた。カレー食べたい時は超疲れてる時だって

橋本)でもあんまり態度に出てないよね

瑞稀)まぁ疲れたとかってあまり態度に出さないからね

優斗)それな笑 唯一出すのが他人の愚痴聞いてる時wwww

瑞稀)まぁ今がちょうどいい息抜きになればいいね
色々話しながら作ってたらあっという間に出てきたあなた
橋本)早かったね

湯浅)そう?普通じゃない?

瑞稀)普通ではないでしょ笑

湯浅)あ、作ちゃんたちも入っちゃいな!

作間)俺らは後でいいや

瑞稀)先食べたい

猪狩)てことでね、途中から男カレー飯だけど味は多分美味しいと思う!

優斗)うん!ちゃんと作り方見ながらやったから笑

橋本)俺もあまりやらなかったし()

湯浅)どゆことwwwwwww
笑ってくれてるけどだいぶ疲れてそうな笑い方

俺と瑞稀くんもお風呂に入って

テレビ見ようとしてダラダラする時間
優斗)チャハッ笑 あなたちゃん起きて

湯浅)ん…やばい死ぬ

瑞稀)よし!ベッド入ろう

橋本)超寝そうじゃん

猪狩)あー寝ちゃう寝ちゃう

湯浅)笑笑 うるさくて寝れないわ笑

作間)じゃあ早く寝室入って

湯浅)んーめんどい行くの

猪狩)あなたそんなんじゃ一生寝れないじゃん

湯浅)…よし!寝る!おやすみ!
謎な気合とともに寝室へ行ったあなた

でも次の日も1番遅くまで寝てたってことは相当疲れがたまっていた証