無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第65話

ねつねつ
橋本side
公演が始まる1時間前まで別室で寝て

ご飯は軽くだけ食べて薬を飲む

だけどさっきよりかは体調が良くなっていそうだった
橋本)あなた?体調どう?

湯浅)ん、さっきよりはまし

優斗)微妙に顔色も良くなってるよね

橋本)そろそろ準備したほうがいいかも

優斗)ご飯食べれそ?

湯浅)うんすこしなら
とはいえまだきちんとご飯をまだ食べれる状態ではない

そして13:00になって1回目の公演

裏に行く場面が多かったがギリギリ最後まで持ちこたえた
猪狩)大丈夫?

湯浅)うん、なんとか

作間)もう少し寝てたら?

湯浅)あせながしたい

猪狩)じゃあいこ

橋本)一緒に入る?

湯浅)それはいい
すぐに17:00になってしまい、もう出なくてはいけない時間
瑞稀)大丈夫?

湯浅)(頷く)

瑞稀)なんかあったらちゃんとはけろよ?

湯浅)うぃ
13:00からのやつよりきつそうだった

でも倒れることなく終わった
湯浅)りょうくん、

橋本)ん、辛かったね

優斗)歩ける?

湯浅)ちょっとくらっくらするからてかして

優斗)ん

七瀬)帰りも送るよ

瑞稀)すいません、お願いします

七瀬)もうみんな荷物持った?

猪狩)はい!持ちました

七瀬)じゃあ行くぞー
行きと同じように帰る

あなたはすごく疲れたのか、辛いのかどちらか分からないがすぐに寝た
七瀬)あなた寝てる?

橋本)あ、瑞稀と一緒に寝てますね笑

七瀬)飯どうすんの?

作間)買いに行きます後で

七瀬)どうせだったら近くのスーパーまで送ろっか?あなたも寝てるから帰ってすぐご飯作ってあげて…

優斗)じゃあお願いします

七瀬)りょうかーい。俺近くのスーパーわかんないんだけど

優斗)じゃあがりさんに聞いてください笑

猪狩)がりさんナビでいきまーす
スーパーについて色んな食材を買う

今日は俺らはカレー

あなたにはお粥を作る
橋本)俺らの作るおかゆとか危ねぇ気しかしねえwwww

優斗)チャハッ笑 それははしもっちゃんだけだから笑

猪狩)俺が作ればうまくいける
できるだけ早く買い物を済ませ車に戻る

瑞稀は起きてたけどあなたはまだ寝ていた
橋本)まだ寝てる?

瑞稀)一回起きたけどまた寝た
家まで送ってもらった
七瀬)じゃあ明日も今日と同じ時間にくるから

優斗)すいません、お願いします

七瀬)あなたは早く治せよ

湯浅)はい
おかゆを作ろうとするけど

やっぱり男だけじゃ厳しいもの

クックパッドを頼るものの結構難しい

2時間ほど経って完成した
橋本)あなた?

湯浅)ん

瑞稀)おかゆ作ったよ

湯浅)ん、たべる

瑞稀)食べれそ?

湯浅)うん。すこしおなかすいた

橋本)よかったよかった

瑞稀)じゃあもう今日食べたらすぐ寝な?

湯浅)うん

橋本)あ、熱測んなきゃ!
熱を測らせると38度

高いけど前よりかは下がった

そしてご飯を食べて薬を飲ませると

俺らが行った通りにすぐ寝た


次の日
瑞稀)おはよ

湯浅)おは

瑞稀)熱測ろっか
37.4度
優斗)おー下がってんじゃん

瑞稀)んね

猪狩)やっぱりおかゆのおかげだわ

優斗)あなたそこまで何もしてないでしょ笑
そしてこの日は前までのあなたに少し戻った元気なまま公演が終わった