無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

サマステ レポ
(( 現実には一切ないです ))
@_____

サマステ初日〜〜〜〜!!!!
安定でかっこよかったですはい
@_____

あなた髪の毛染めてた!!!!!
ボブで金髪メッシュ!!おにかわ!!!!!
@_____

湯浅「ちょっと夏休みだし気合い入れようと思って髪染めました〜!!!」
@_____

いや、あなたが髪染めたっていうレポ見たからどんな風なのかなとか気になってたの。
案の定超似合うじゃん〜〜!!
@_____

夏が始まった!!!!!
@_____

俺今日のサマステでめっちゃあなたにアピールしたの。だけどバルコ来た時目合ったのに思いっきりそらされて超萎えてたの。そしたら2回目来た時超全力で手振ってくれたの。まじで一回下げてからあげるスタイル好きですはい
@_____

あなたちゃんのだぁどらかわった!

HiHi Jetsの癒し担当
常に笑顔でなんでも全力
性格サバサバいつでもクール
だけれど魅せるいろんなギャップ
運動面ではなんでも完璧
だけれど勉強毎回絶壁
結構抜けてるところはあるけど
みんなから愛される紅一点あなた!
@_____

はいゆあのラップの歌詞神ですがりさん天才
@_____

だぁどらセリフ
橋本 まだまだ声出せるぞ〜
瑞稀 じゃあ付き合っちゃう?
優斗 あ、じゃあ付き合っちゃう?
猪狩 収入による
作間 愛の数ではダメですか!
湯浅 今夜は寝かせねぇよ(イケボ)
@_____

MC あなたのだぁどらのセリフがやばかったことについて

優斗「あなたどうしたwwww」
瑞稀「なんて言ったんだっけwwww」
湯浅「今夜は寝かせねぇぞ(イケボ)」
橋本「じゃあ俺寝ないね!」
湯浅「じゃあ夜楽しもうね!」

はしもっちゃん以外から頭叩かれるあなたwwww




作間「なんで今日そんなテンション高いの?」
湯浅「え、聞いちゃう?」
HiHi「うん」
湯浅「今日あの某お高いカフェのお店に入ったわけ。そしたらそこのレジのお兄さんが超イケメンだったの!!!」
優斗「ふはっ笑」
湯浅「で、抹茶頼んだ時にやばい。イケメンだって思って。だからコップに応援メッセージ書いてくださいって頼んだのね」




湯浅「そしたら「頑張ってください!応援してます!」なんて書かれちゃったら頑張るっきゃない」
瑞稀「ばかかよ」
猪狩「単純すぎwwww」
湯浅「でもまじで超イケメンなの」

普段あなたイケメンに囲まれてるじゃない!!!
@_____

某お高いカフェとかスタバしかないじゃんwwww
@_____

多分あなたの家族だと思われる人たちが関係者席にいたの。弟超イケメンというか可愛い系だった。どちらかというと大西流星より
@_____

だぁどらセリフ

橋本「まだまだ声出せんだろ」
瑞稀「じゃあ付き合っちゃおうか?」
優斗「じゃあ付き合っちゃおうか?」
猪狩「え、付き合ってよ」
作間「パラダイス〜」
湯浅「夜は深く絡もうね?」
@_____

MC 今日もだぁどらのセリフやばかったことについて

作間「今日はやばいよ」
優斗「それな、俺もびっくりしたわ」
猪狩「ちょっともう一回なんて言ったかみんなに教えてあげて」
湯浅「夜は深く絡もうね??」
橋本「(超笑ってる)」
瑞稀「まじ笑い事じゃないよ??うんやばいよ?」




優斗「今日も行ったの?」
湯浅「そうなの!今日も行ったの!そしたら同じ店員さんいたの!」
橋本「おーありがち」
湯浅「それで今日はキャラメルのやつ頼んだのね。そしたらもうやばいやばい。」
瑞稀「なにがだよw」
湯浅「「あ、昨日もきてくれましたよね??」て聞かれちゃって!!!!!「あ、そうです笑」て答えたの笑




優斗「めっちゃきょどってんじゃん爆笑」
猪狩「人見知りユア発動」
湯浅「それで店員さん一瞬レジから離れちゃって。その時にまた応援書いてくださいって書いて貰えばよかったなて思ったのね。そしたらまた書いてくれてて!」
作間「今日はなんて書いてあったの?」
湯浅「「頑張ってください!応援してます!」て書いてあったの!!」
瑞稀「昨日と一緒じゃん」




湯浅「は!?昨日とは全然違うから!!今日のは絵つきだったの!!!」
猪狩「なんの絵?」
湯浅「うさぎ!!」
瑞稀「はぁい。よかったよかった」